芸能人

福原遥の子役時代のドラマ・映画&まいんちゃん時代~現在までを画像で解説!


清楚で可憐なルックス、かわいい笑顔で多くのファンから支持を受けている福原遥さん。

これまでも様々な話題作に出演し、さらに2022年10月からは朝ドラ「舞いあがれ!」の主演に大抜擢です。

そんな福原さんですが芸能デビューは6歳の頃からで、もともと子役として活動していました。

このページでは彼女の代名詞でもある「まいんちゃん」時代も含めて、画像と共に福原遥さんの過去~現在までを徹底解説していきます。

福原遥の子役時代のドラマ・映画など出演作品まとめ


画像引用元:chiebukuro.yahoo.co.jp

まず福原遥さんの芸能界での活動・経歴をザックリと説明すると、

子役時代→まいんちゃん時代→モデル時代→現在の女優を中心としたマルチタレント時代

という風に分かれています。

なのでまず最初に、芸能界に入るきっかけを含めて子役時代の福原遥さんについて解説します。

福原さんが芸能に入ったのは、2005年で年齢は6歳・小学校1年生の時のこと。

その当時は、ピアノ・新体操・空手・バレエないろいろな習い事をしていました。

その中で踊ることにも興味があり、当初ダンススクールを探していたようですね。

先に芸能事務所に入っていた保育園の友達がいたようで、その子に事務所を紹介してもらったのがきっかけだとか。

それが「NEWSエンターテイメント」という子役、キッズタレントを中心とした芸能プロダクションでした。

この「NEWSエンターテイメント」の本社が埼玉県の浦和にあり、福原遥さんの実家と近かったことも幸いしたのでしょうね。

見事オーディションに合格し、6歳・小学1年生にして見事所属タレントとなるのです。

そして事務所に入ってすぐにデビュー、その後も福原遥名義でドラマや映画など複数の作品に子役として出演しています。

【ドラマ】

・2005年11月:「恋の時間(TBS)」第3話、大塚寧々演じる早川香里の幼少期役


画像引用元:YouTube

事務所に入って間もないタイミングにて、テレビドラマ「恋の時間」に出演、これが福原遥さんの記念すべきデビュー作です。

主要キャストである大塚寧々さんの、幼少期役を演じています。

ランドセルを背負い元気よく学校から家に帰ってきて、大好きなピアノを弾くというシーン。

短い時間ながらも、「ただいま」というセリフも与えられています。

・2007年2月:「翼の折れた天使たち(フジテレビ)」第3夜、加藤ローサ演じる中川香奈の幼少期役


画像引用元:YouTube

人気ケータイ小説家「Yoshi」原作、4話完結のオムニバスドラマ。

加藤ローサが演じる、悩める競泳選手の幼少期役として出演。

小さい頃から兄弟の中で自分だけ父親から相手にされず、褒められる兄弟を見ながら寂しそうなまなざしでみつめるという演技。

・2007年10月:「MAGISTER NEGI MAGI 魔法先生ネギま!(テレビ東京)」第2話、おおつか麗衣演じる雪広あやかの幼少期役

大人気漫画「魔法先生ネギま!」の実写版ドラマ。

福原さんは3-Aクラス委員長「雪広あやか」の幼少期役として出演したようですが、詳細は不明です。

・2008年1月:「1ポンドの福音(日本テレビ)」第1話、小林聡美演じる向田聖子の幼少期役


画像引用元:blog.livedoor.jp

高橋留美子原作で、ジャニーズの亀梨和也主演でボクシングと恋愛をテーマにした作品。

福原さんは小林聡美さん演じる、ボクシングジム会長の幼少期役として出演。

同級生をいじめている悪ガキたちを殴り倒し、笑顔で助けてあげるというお芝居を披露。

・2008年1月:「エジソンの母(TBS)」、宮城真綾役


画像引用元:YouTube

伊東美咲さん演じる小学校教師と、その児童たちが演じるコメディドラマ。

福原さんは1年2組の児童としてレギュラー出演。

連続ドラマの中で単発ではなく、レギュラーでの参加はこれが初めての経験になります。

クラス内での優等生キャラ、マドンナ的存在として輝きをみせていました。

・2008年1月:「東京ゴースト・トリップ(TOKYO MX)」第7話、小野真弓演じる橋本舞の幼少期役


画像引用元:YouTube

葉芝真己さんの漫画原作で、いたこを題材としたオカルトコメディ。

福原さんは小さい頃に生き別れとなった父親を捜す、小野真弓さんの幼少期役を演じました。

父子で外出し、道端の露店で見つけた猫の指輪を父親にせがむというお芝居を披露。

・2008年8月:「モンスターペアレント(関西テレビ)」第7話、藤巻綾音役


画像引用元:YouTube

モンスターペアレントをテーマにした作品で、美人弁護士役の米倉涼子さんが主演を務める。

自分には霊感があると嘯く室井滋さん演じるモンペ母の、娘役として福原さんは7話に登場。

事あるごとに学校へ難癖を付けまくる母親に、とにかく振り回される少女を演じます。

テスト中に消しゴムをちぎって渡してくれた隣の席の男の子に、淡い恋心を抱くシーンがとてもかわいく印象的でした。

【映画】

・2006年:「ハルガスミ」、主演・名取かな役


画像引用元:Twitter

芸能デビューから1年後、福原遥さんの人生初の主演作品がこちらの映画です。

映像ディレクターとして活躍している野上貴史(現在は野上鉄晃)監督による、15分の短編自主映画とのこと。

あまりにも情報が少ないため、作品内容など不明。

ただ当時の「Yahoo!映像トピックス(現在はサービス終了)」内では、再生回数1位を記録したようです。

・2008年:「KIDS」、近所の公演で遊ぶ子供役


画像引用元:YouTube

ミステリ作家・乙一さん原作、超能力を持つアサト役を小池徹平さんが演じるSF作品。

福原さんは近所の子供役として、公園内の壊れた遊具をなおしてもらうシーンで登場しています。

・2009年:「昴(スバル)」、佐野光来演じる呉羽真奈の幼少期役


画像引用元:YouTube

バレエを題材にした曽田正人さんの漫画原作で、日本・中国・韓国・シンガポールの4か国合作映画。

黒木メイサさん演じるヒロイン・すばるのライバル、呉羽真奈の子供時代として出演。

シリアスなストーリー・展開が続く中で、過去シーンにて純真無垢な少女の演技が、視聴者から高評価を受けていました。

以上、福原遥さんの子役時代のドラマ・映画など出演作品の一覧を紹介しました。

特筆すべきは、事務所に入ってすぐ役を与えられデビューしているということですね。

そもそもニーズの絶対数が限られているため、子役・キッズタレントとして世に出るというのは相当難しいこと。

実際にプロダクションに入っても、演技・ダンス・ボイスレッスンなど事務所内のスクールでレッスンを受けるだけで、なかなか仕事がこないなんてザラです。

ですが福原遥さんはさすがというか、他の子役・キッズタレント候補とは全然違ったのでしょう。

福原さん自身はお仕事をしている自覚はまだなく、習い事の1つとして楽しんでいたとのこと。

また演技も、「スタッフに支持されたことを頑張っていただけで、演じてはいなかった」と自分の子役時代を振り返っています。

だとしても6歳で入った時から、かわいいの質や輝きなど天性の物があったのだと思われます。

福原遥のまいんちゃん時代の画像と詳細を解説


画像引用元:Twitter

それでは次に、福原遥さんが一大ブレイクする「まいんちゃん時代」について紹介します。

期間としては2009年3月~2013年3月の4年間で、福原さんが小学校5年生~中学校2年生となる11歳~14歳の頃の話ですね。

NHK Eテレの子供向け料理番組にて、「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」という番組で主人公の柊まいんに抜擢されました。


画像引用元:Twitter

NHKの食育番組は前身である「ひとりでできるもん」の流れを継ぐ、子役・キッズタレントの登竜門的な番組です。

番組本編ではオープニング含むアニメがあって、実写版で料理を作る(歌やダンスを踊る)、作った料理を食べるというような流れになっています。

そして主人公である柊まいんを演じる福原遥さんですが、まるで天使のような美少女・衝撃的なかわいさでお茶の間の話題に。

ただそのまいんちゃんになるまでには背景があり、もともと福原さんは芸能界を辞めることを考えていました。

それまで子役としてドラマや映画に出演してましたが、学業の両立が厳しくなったようですね。

授業に追いつくことができず学校の成績にも響いてきたことで、芸能界引退も考えていたとか。

そんな時に事務所から「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」のオーディション参加を推薦されたのです。

福原さんはご両親と「これで落ちたらタレント活動は止める」と約束して臨んだオーディションだったのですね。

そしてこれが大ブレイクし、飛躍的な知名度アップとなったのです。

特に同年代の小学生の女の子にとっては、明るくてかわいいまいんちゃんは憧れの対象。

さらにその子供を持つママ・パパさんたちからも、絶大な人気を誇りました。

もう24歳となる彼女のことを未だに「まいんちゃん」と呼ぶ人が多いですが、それだけ大きなインパクトがあったからなのですね。

まいんちゃん時代の苦労や努力した背景


画像引用元:Twitter

まいんちゃんに出会ったおかげて、一流の子役・キッズタレントとなった福原遥さん。

ですがその背景には、大変な苦労や努力を重ねたようですね。

まず主役を張るのは小学生の福原さんですが、番組を作るのは当然ながらプロの大人たちです。

求められているニーズに自分を合わせるのはもちろん、緊張感のある現場の中で空気を読まないといけません。

タレントだから当然と言えばそうなのですが、そうはいっても当時の彼女は小学生です。

そして「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」は、アニメと実写がサンドイッチされている内容です。

なのでアニメパートの柊まいんの声優は、もちろん福原さんが担当。

さらに実写パートではスタジオで料理を実際に作るだけでなく、アイドルとして歌って踊らなくてはいけません。


画像引用元:Twitter

さらにはまいんちゃんとしてイベントに出演したり、外でレポーターやロケにも出ることもありました。

こんな感じで小学生の少女が、クッキンアイドルとして非常に多岐にわたる役割をこなさなくてはいけなかったのです。

まず所属先であるNEWSエンターテイメントにてレッスンは受けていたものの、福原さんは歌うのが苦手だったとのこと。

また過去に子役として演技はしていましたが、声優の仕事は初挑戦。

周囲にはプロの声優さんが並ぶ中、アフレコで上手に合わせることができず、何度も撮り直しをすることもあったとか。


画像引用元:animatetimes.com

そして泣きたくなるぐらい悔しい時でも、現場の空気を壊さないために下を向いて必死に涙を堪えていたとか。

さらに柊まいんというキャラクターは右利きなのですが、現実の福原遥さんは左利きなんですね。

そして実写の料理パートでは、もちろん右手で料理をしなくてはいけません。

なので普段から右手で箸を持ったり、お母さんに教えてもらいながら右手で包丁を使い、家で料理の練習をやっていたそうです。

結局、「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」は4年続いたのですが、これはNHKの教育番組としては異例の長さだとか。

ですがその背景には、福原遥さんの隠れた努力や苦労があったのは間違いありません。

まいんちゃん時代のスタッフとは現在も仲良が良い!


画像引用元:Instagram

すぐ上で。まいんちゃん時代の福原遥さんの苦労談を紹介しました。

とはいえまいんちゃんの現場やスタッフさん達は、親切に暖かく彼女のことを迎えてくれたそうですね。

テレビ収録の現場では、簡単に打ち合わせしてすぐに収録なんてこともあります。

またそれまでの福原遥さんは、人と目を合わせて会話することができないぐらいの人見知りな性格だったとか。

そんな彼女に対して何気ないお話をしたり、台本の読み方を丁寧に教えてくれたり、一緒にゲームで遊んだりするなど。

制作側が、出演者やスタッフと打ち解ける工夫をたくさんしてくれたとか。

小学生の彼女に過剰なプレッシャーやストレスがかからないよう、安心・信頼できる関係を作ってくれたようです。

そんなこともあったので、福原遥さんはまいんちゃん時代のスタッフさん達にはとても感謝しているのだとか。

さらにその当時のスタッフさんとは、大人になった今も交流があるようで、

・市瀬悦子

・吉田祐子

・森野熊八

など番組の料理監修をしていた人たちを「先生」と呼び、毎年必ずお料理会・食事会をしているぐらい仲が良いそうです。

そしていつの日か、「アイ!マイ!まいん!」のスタッフさん達とまた一緒に仕事をすることが、密かな目標だとも語っていました。

まいんちゃんを誇りにしながらもイメージの脱却へ!


画像引用元:Instagram

日本中の親子を夢中にさせた天使・まいんちゃんですが、現在の福原遥さんの年齢は24歳。

あの当時のかわいい笑顔は今も健在ですが、立派な美しい女性となり、今や作品の主役を張る人気女優となりました。

ともすれば子役・キッズ時代のイメージが定着して、その後の仕事がやりにくくなることはよくあります。

また本人にとって恥ずかしい記憶や、黒歴史となってしまうタレントも少なくありません。

ですが福原さんにはまったくそんな感情はないようですね。

まいんちゃんの放送終了から8年以上が経つのに、今も忘れないでいてくれることは素直に嬉しいとのこと。

そして未だ「まいんちゃん」と呼ばれることに対しても、何の抵抗もないようです。

彼女自身、成長するにつれて変わりたい部分と、絶対に変わりたくない部分があるとのこと。

そこで「まいんちゃん」と言ってもらえることで、自分の変わらない部分を再確認できているとか。

ですが自分の代表作がいつまでも「まいんちゃん」というのは、役者としてやはり寂しいですよね。

そんな子役時代からのイメージを脱却するために、これまで女優として様々な作品・役柄に挑戦。


画像引用元:Twitter

熱々のキスシーンや際どいベッドシーン、また狂気的なキャラクターなどなど。

「あのまいんちゃんがこんな演技を!」といわれる芝居にも果敢に挑み、そこで結果を出しています。

そして2022年10月スタートの朝ドラ「舞いあがれ!」の主役に抜擢。

まいんちゃん時代を知る人もそうでない人も、福原遥の集大成ともいえるその演技に注目が集まっています。

福原遥のモデル・ピチレモン時代の画像と詳細を解説


画像引用元:Twitter

それでは次に、福原遥さんのモデル時代について解説していきます。

時期的には2012年6月~2015年10月までの約2年半務めており、これは福原さんが中学2年生~高校2年生の時のことですね。

NHKでのまいんちゃんが放送終了する半年間ほどは、モデルと同時並行で行っていましたことになります。

ピチレモンのオーディションに合格・グランプリ獲得!


画像引用元:Twitter

2012年6月、福原遥さんがローティーン向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルに就任。

この時のオーディションは、募集にて9,000人以上の応募があった「第20回ピチモオーディション」ですね。

福原さんはグランプリの4名に選ばれ、晴れて専属モデル契約となりました。

応募総数はそれまでのピチレモンの歴史の中でも一番多かったようですが、なんせ福原さんは国民的アイドルのまいんちゃんです。

ローティーンに対して圧倒的な人気と知名度を持っているので、超大型新人として迎え入れられることになったのです。

このピチレモンについては、福原さんが小学生の時から愛読していた大好きな雑誌だったとか。

また雑誌の専属モデルである「ピチモ」に対しては、ずっと大きな憧れを抱いていたようです。

実際にオーディション面接での受け答えでも、「ピチレモンに対しての愛情がすごかった」と審査員がコメントを残すぐらいです。

そして自分がオーディションに合格したことを母親から電話で聞いた時に、福原さんは喜びを爆発。

嬉しさのあまり大声で叫び、本当かどうかをしつこく何回も確認したとのこと。

ちなみに雑誌内でのニックネームは、公式サイトの読者投票で「はるん」という呼び名に決定しました。

人見知りな性格とモデルの難しさを経験する!


画像引用元:Twitter

小さい頃から憧れていた、ピチレモンの専属モデルとなった福原遥さん。

ですがそのモデルの仕事も、最初から順風満帆だったわけではありません。

というのもまず彼女は、6歳の時から大人に囲まれて仕事をしていました。

なので同年代の子たちと共演するという経験は、ほとんどなかったのですね。

初体験の現場での緊張と、人見知りな性格も合わさってなかなか馴染むことができなかったとか。

ですがこれは同じピチモの仲間が、優しく積極的に声をかけてくれたこと。

また福原さんも雑誌企画内で、得意の料理を見せるなどで徐々に打ち解けていったようです。

仕事上での人間関係についてはこんな感じで改善していきましたが、もう1つ大きな問題点が発生。

それはポージングが上手にできないということです。

そもそも役者としての演技やまいんちゃんのお仕事は、すべて台本が決まっています。

立ち位置や行動・発言など、自分が何をすればいいかをあらかじめ教えてもらっています。

それに対してモデルの仕事は、ポージングなど撮影中にアドリブが要求されます。

特にピチレモンでの一番最初の撮影では、カメラマンから「自由に動いでみて」と言われ、どうしていいか分かず戸惑ったようですね。

なので当初は撮影をする度ごとに、悔しくて家で泣いていたとか。

ですが元来の負けず嫌いな性格を発揮し、毎日家の鏡を使ってポージングの練習。

また先輩ピチモの様子を現場で観察するなどで研究し、モデルとしての振舞い方を勉強していったようです。

ピチレモンの絶対的なエースに君臨・表紙登場回数も1位!


画像引用元:Twitter

上で解説したように、福原遥さんはまいんちゃんの時と同様に、陰ながらの努力によってモデルとしても頭角を現します。

まず専属となって間もない頃の2012年7月に、「ピチモ総選挙2012」が開催。

これはピチレモンに在籍している現役モデル全員を対象にした人気投票なのですが、ここで福原こと「はるん」がいきなりの準優勝。

この事実だけでも、まいんちゃんの知名度やファンの多さがよく分かりますね。

さらに専属になって8か月後、2013年3月号のピチレモンの表紙を飾るという快挙を成し遂げます。


画像引用元:Twitter

このスピードは、歴代ピチモの中でも最速とのこと。

そして2013年7月の「ピチモ総選挙2013」では、全モデルの中で人気投票1位を達成。

2013年11月号にはソロでの表紙と同時に、「はるん大特集」という単独の企画が組まれることとなりました。


画像引用元:Twitter

ここまででオーディション合格から1年ほどで、異例の代出世を果たしたのです。

そして2013年は、同学年の人気モデル・関根莉子と「りこはる」でツートップ体制に。

また内部評価においても、肌の美しさや天性の華は編集スタッフ全員から絶賛され、後輩ピチモからは憧れの対象に。

さらに福原さんが高校生となる2014年には、看板モデルとして彼女の独壇場となり雑誌内でも絶対的なエースに君臨。

圧倒的な読者人気によって、2014年1月号からは21ヶ月連続で表紙を飾り続けることに。

ちなみにこの記録は、ピチレモンの歴史の中でもトップの回数とのこと。

さらに表紙登場回数は28回で、この記録も2013年卒業の志田友美さんと並んで歴史上同率1位です。

すイエんサーガールズ(すイガール)としても活動!


画像引用元:Twitter

モデルとしても快進撃を続ける福原遥さんですが、同時期にバラエティ番組にもレギュラー出演しています。

それがNHK Eテレで現在も放送されている「すイエんサー」ですね。

この番組は専門の研究者・科学者の協力を受け、科学的に疑問を解決するという教育バラティ番組。

ここでレポーターなどを行う、番組限定グループ「すイエんサーガールズ(すイガール)」が結成。

当時のすイエんサーガールズは、ピチモの専属モデルから選ばれていたようで、福原遥さんも「はるん」としてレギュラー出演。

期間としては2013年4月~2016年3月まで約3年間、すいガールとして活動を続けていました。

同じNHK Eテレの「まいんちゃん」卒業が2013年3月だったので、時間を空けず登坂という形ですね。

しかもこの「すイエんサー」では料理企画もよく行われており、福原さんがチャレンジする回もありました。

その時はクッキングアイドルを彷彿させるような腕前を披露し、往年のファンを喜ばせていましたね。

ちなみにこのすイエんサーガールズですが過去には、

・清野菜名

・豊田ルナ

・横田真悠

・前田希美

・山本花織

などのような面々もすいガールとして活躍。

特に福原遥さんと清野菜名さんの2人は、後に朝ドラ出演を果たした出世頭となりますね。

ピチレモンの休刊で「はるん」を卒業


画像引用元:Twitter

2015年10月、1986年から創刊し約30年の歴史を持つピチレモンの休刊が決定。

ピチモ内でも不動のエースとして活躍していた福原遥さんも、このタイミングで卒業を余儀なくされます。

そして2015年11月1日、イトーヨーカドー木場店でピチモ30人を集めた最後のイベント「Pichileファイナルパーティー」を開催。


画像引用元:Twitter

最年長メンバーとして、最後のマイクを渡された福原さん。

「自分の代で終わること」「モデルの活動は苦しいことが多かったこと」「リーダーとしてふがいなかったこと」など、涙ながらに話していたのが印象的。

最後に編集者・スタッフとピチモの仲間に感謝の言葉を残し、自分は新しいステージに進むことを宣言。

このイベントにて、ピチモの「はるん」は正式に卒業となりました。

この3か月前に「研音」へ移籍しており、以降は女優としての活動を本格化させていきます。

現在の女優・マルチタレントの福原遥の画像と詳細を解説


画像引用元:Instagram

ここまで6歳から始まった福原遥さんの芸能生活について時系列順に紹介してきました。

そしてこのページでは最後となる、現在の福原さんの活動に至る女優&マルチタレント時代ですね。

画像と共にその詳細を以下で解説していきます。

福原遥は中学3年の時に芸能界引退まで考えていた!


画像引用元:Instagram

小学校5年生~中学校2年生まで活動していた、「アイ!マイ!まいん」が2013年3月に終了。

4年間にもわたって毎回熱量高く臨んでいたものが終わることで、心が切れてもおかしくない状況です。

その後はピチレモンでモデル活動を行っていましたが、ちょうどその頃に中学3年生という揺れやすい時期を迎えました。

そこで福原さんの頭によぎったのは、「芸能界を引退する」ということ。

中学校の同級生たちが当たり前のように進路を考える中、自分の将来について迷いが生じたようです。

「どうせやるなら道を究めたいが、それが自分に務まるのか?」など若くして悶々とした日々を過ごしたようです。

そこでいっそのことならスパッと芸能界を辞め、昔から憧れていたヘアメイクの職業に就こうかと考えたのだとか。

実際に思っただけでなく、メイク道具を一式揃えたりもしたそうですね。

そんな悩める福原さんでしたが、2014年に彼女の元へ女優としてのオファーが舞い込んだのです。

具体的には、劇場版「烈車戦隊トッキュウジャー」のオリジナルキャラクターである車掌レディ役です。


画像引用元:Twitter

そのキュートな車掌役は「かわいい」と高評価を受けましたが、彼女にとっては満足できる芝居ではなかったようです。

演技をすることの楽しさを思い出すも、それと同時に忘れかけていた女優魂に火が付いたとのこと。

そして中学3年生にして、自分は女優としてずっと芸能界で生きていくことを決意したのですね。

大手芸能事務所の「研音」へと移籍し女優復帰へ!


画像引用元:Instagram

本格的に女優として再出発を図る一歩として、福原遥さんは所属事務所を移籍しています。

これは彼女が高校へと進学した、2015年7月のことですね。

子役時代から在籍していた「NEWSエンターテイメント」から、現在も所属している「研音」への移籍を発表。

おそらくですが、モデルとして活動していたピチレモンが休刊することも、あらかじめ伝えられていたのだと思います。

そしてこの「研音」ですが、

・唐沢寿明

・反町隆史

・沢村一樹

・福士蒼汰

・天海祐希

・菅野美穂

・志田未来

・榮倉奈々

など主演級の俳優・女優が数多く所属する、超大手芸能事務所です。

福原遥さんの同世代でいえば、杉咲花さん、大友花恋さん、吉川愛さんなども同じプロダクションの所属タレントですね。

女優としての福原遥の主要な出演作品まとめ


画像引用元:Instagram

数多くの有名芸能人が在籍する「研音」に移籍したことで、福原遥さんの元には女優としてのオファーが数多く届きます。

以下では事務所移籍後に、福原遥さんが出演したドラマ・映画を画像付きで紹介しています。

(*あまりにも数が多いので、主役・メインキャラを演じた作品のみピックアップ)

【ドラマ】

・2016年2月:「グッドモーニング・コール(フジテレビオンデマンド、Netflix)」、主演・吉川菜緒役

・2017年10月:「ふたりモノローグ(AbemaTV)」、主演・麻積村ひなた役

・2018年4月:「声ガール!(朝日放送テレビ)」、主演・菊池真琴役

・2019年1月:「3年A組-今から皆さんは、人質です-(日本テレビ)」、水越涼音役

・2019年4月:「賭ケグルイ Season2(日本テレビ)」、歩火樹絵里役

・2019年7月:「コーヒー&バニラ(毎日放送)」、主演・白城リサ役

・2020年1月~2021年6月:「ゆるキャン△シリーズ(テレビ東京)」、主演・志摩リン役(3作にわたって主役を演じる)

・2021年10月:「アンラッキーガール!(読売テレビ)」、主演・福良幸役

【映画】

・2017年:「女々演」、主演・本庄沙彩役

・2019年:「4月の君、スピカ。」、主演・早乙女星役

・2019年:「映画 賭ケグルイ」、歩火樹絵里役

・2019年:「羊とオオカミの恋と殺人」、主演・宮市莉央役

・2021年:「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ファイナル」、子安つばめ役

福原遥はアニメの声優としてプリキュアやなめこに出演!


画像引用元:Instagram

上で紹介したように、福原遥さんは「研音」に移り芸能活動をお芝居中心にシフト。

出演した1つ1つの作品にて求められている結果を出していき、主演や作品内での重要なキャストを任され女優としての評価をあげていきます。

それと同時に女優以外のオファーにも果敢にチャレンジし、仕事の幅を広げていったのです。

その1つが、アニメの声優としての活動ですね。

福原遥さんといえば特徴的なハスキーボイスですが、この声が彼女にとっての大きな武器となったのです。

まず2016年に「なめこ~せかいのともだち~」というアニメ作品にて、主演のなめこ役を演じます。


画像引用元:Twitter

放送局は「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」と同じNHK Eテレの、児童向け番組のコーナーアニメですね。

またこの作品ではアニメの声優としてだけでなく「なめこの唄」でCDもリリースし、イベントや歌番組にも出演しています。

さらに2017年には、「キラキラ☆プリキュアアラモード」の有栖川ひまり/キュアカスタード役に抜擢。


画像引用元:Twitter

あのまいんちゃんが「プリキュア」の声を演じるということで、当時は大きな話題となりましたね。

大人気作品だけに賛否は大きかったのですが、

・「映画 プリキュアドリームスターズ!」

・「映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」

・「映画 プリキュアスーパースターズ!」

・「映画 HUGっと!プリキュア?ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」

・「映画 プリキュアミラクルユニバース」

その後も続編となる劇場版アニメで起用され、福原さんは今やプリキュア声優の中で一番の出世頭となりました。

そしてこの2作品以外にも、

・2018年1月:「恋は雨上がりのように」、西田ユイ役

・2019年9月:「HELLO WORLD」、勘解由小路三鈴役

・2020年4月:「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」、子安つばめ役

・2021年10月:「アイの歌声を聴かせて」、サトミ/天野悟美役

・2021年12月:「フラ・フラダンス」、主演・夏凪日羽役

・2022年4月:「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」、子安つばめ役

などのようなテレビアニメ、劇場版アニメなど多数の作品に出演しています。

インタビューにて声優の仕事は実写での演技と違い、子供~年配または人間じゃないキャラクターでも演じられることに、面白味を感じているとのことです。

バラエティや歌手など福原遥のその他の活動

そんな感じで、女優・声優の活動を一生懸命頑張ってきた福原遥さん。

かわいいルックス・健康的で清楚なイメージ・いつも笑顔で明るい性格などで、高い評価を保ちます。

その好感度の高さからさらに多くの仕事が舞い込み、彼女もそのニーズにしっかりと答えます。

その結果、マルチタレントとしての才能まで開花することになりました。

まずテレビ番組でいうと、フジテレビ系の「もしもツアーズ(もしツア)」に3代目ツアーガイドに就任。


画像引用元:Twitter

この番組は全国各地をバスで旅するロケ番組なのですが、福原さんは2017年~2020年3月までの3年間にわたって、レギュラー出演を果たしています。

また2019年9月には日本テレビ系の朝の情報番組「ZIP!」にて、金曜日の月替わりパーソナリティとして番組参加。


画像引用元:Twitter

さらに福原さんの精力的な活躍が目に止まったのか、2020年3月には毎日放送の「情熱大陸」に出演。

第一線で活躍する人物に密着する人気番組にて、21歳という若い年齢で取り上げられたのは、いかに彼女の注目度が高いかが分かりますね。

他にもこのようなテレビ・バラエティだけでなく、福原遥さんはアーティストとして歌手活動も行っています。

2019年8月に「未完成な光たち」でソロデビューを果たし、これまでに5つのシングルを発表しています。


画像引用元:Twitter

リリースした楽曲も、アニメ「BORUTO-ボルト-」のエンディングテーマとして採用。

また「かぐや様は告らせたい!」「アンラッキーガール!」など、福原さんが出演した作品の主題歌としてタイアップされていますね。

そして歌というところでいうと、自身のYouTubeチャンネル「福原遥とふくはらはるか」で、定期的に「歌ってみた」シリーズの動画を出しています。

まいんちゃんの頃は歌うことが苦手だったようですが、今は演技と同じくらい大切な活動と本人談。

さらにファーストアルバム「ハルカカナタ」が、2022年6月に発売開始。

2022年10月から主演を務める、連続テレビ小説「舞いあがれ!」にて「歌唱シーンがあるのでは?」と噂されています。