恋愛リアリティーショー

ドラ恋 ゆあ(白石優愛)の高校・大学や身長と出演作品も紹介!主演&受賞経験ありの演技派

手をつないでいる画像

男女8人が恋愛ドラマを演じる中で、本当の恋が生まれるのかを追求していくAbemaTVの人気番組「恋愛ドラマな恋がしたい」。

参加メンバーの中でも、明るくてかわいいゆあ(白石優愛)ちゃんが話題になっています。

そんな彼女は子供の頃から演技の道を志し、すでに様々な作品に出演経験を持つ将来期待の女優さんなんです。

このページでは、ゆあちゃんのこれまでの経歴と、高校・大学や恋愛関係など詳細情報を取り上げていきます。

ドラ恋 ゆあ(白石優愛)のwikiプロフィール

第9シリーズのドラ恋に出演中のゆあ(白石優愛)ちゃんの、wikiプロフィールをまずは確認です。

・名前:白石 優愛(しらいし ゆあ)
・ニックネーム:ゆあ
・生年月日:2001年7月1日
・年齢:20歳
・出身地:大阪府
・趣味:ギターの弾き語り、ゲーム、読書
・特技:歌、ダンス
・職業:女優
・所属事務所:G-STAR.PRO
・Instagram:yua_shiraishi_
・Twitter:@yua_shiraishi
・YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCfHkj6tGaonLzEvZtPQh15w

ゆあ(白石優愛)ちゃんは2001年7月1日生まれで、現在の年齢は20歳になります。

出身地は大阪府ですが、高校入学時に東京へと移り住んでいるんですね。

これはゆあちゃんが高校生になった2013年に、現在も所属している「G-STAR.PRO」という事務所に入ったからですね。

ただしそれ以前、8歳の頃から舞台に立つなど女優として活動をしていました。

そんな彼女ですが主演を含む19本の映画作品と、NHK朝ドラ「ごちそうさん」や「べっぴんさん」にも出演。

すでにしっかりとした実力をもつ、演技派女優なんです。

そんなゆあちゃんが、「キラキラした世界」と表現する恋愛リアリティ番組に参加。

なのでドラ恋では、女優として培われた確かな演技力に、白石優愛という1人の女性を垣間見ることができるでしょう。

かわいいルックスに、物怖じしない明るい性格を持ち合わせるゆあちゃんが、どんな恋愛模様をみせるのか注目ですね。

ドラ恋 ゆあ(白石優愛)の出身高校はどこ?

第9弾のドラ恋に出演中のゆあ(白石優愛)ちゃんの、出身高校は果たしてどの学校なのでしょうか?

ですがwikiや公式プロフィールを調べても、具体的な高校名は載っていません。

分かっていることとしては、ゆあちゃんは大阪出身で、実家も大阪にあるということ。

そして小学生の頃に芸能の世界に入り子役としてすでに活躍していた彼女は、高校入学時に上京しているということ。

当時のSNSでは、大きな休みの前には「大阪に帰省する」というコメントもありました。

また女子高生1人というのはやはり不安なので、付き添いで母親も一緒に東京で暮らしていたそうですね。

さらに独自に調査した結果、ゆあゃんの出身高校は「日出高校(*現在は目黒日本大学高等学校)」であることが特定できました。

というのもゆあちゃんの高校時代のクラスメイトで、「DESURABBITS(デスラビッツ)」というアイドルグループのメンバーの望月愛実さんという女性がいます。

2人は現在も友達で、望月さんはゆあちゃんのYouTube動画にも出演し、高校時代の話もしています。

そしてこの望月愛実さんが、高校を卒業した時のツイッター画像に卒業証書がバッチリと写っているんですね。

その表紙には、「日出学園」と「目黒日本大学高等学校」の文字があります。

なので必然的にゆあちゃんも、日出高校出身ということになります。

制服もリボンやブレザーの色は、完全に一致しているように見えますしね。

日出といえば芸能コースのある学校で、堀越高校と同じぐらい有名人を輩出していることで有名です。

小さい時から女優として活動していたゆあちゃんにとっては、すごく妥当な進路先ではありますよね。

ドラ恋 ゆあ(白石優愛)はどこの大学に通ってるの?

2020年に高校を卒業したゆあ(白石優愛)ちゃんは、現在どこの大学に通っているのでしょうか?

2022年現在の年齢が20歳なので、普通に進学していれば現役大学生ということになりますよね。

これも調べましたが具体的な大学名はおろか、進学したかどうかの情報すらありませんでした。

ただ2021年2月にYouTubeにて作業用動画を投稿しており、

そこには一心不乱に勉強しているゆあちゃんの姿があるのですが、動画内で「学校の課題を1時間やる」とあるんですね。

提出すべき課題があるということで、少なくとも大学には入学している可能性が高そうです。

さらに「白石優愛」で検索すると、サジェストキーワードに「追手門」という言葉が表示されます。

これは追手門学院大学のことを指すと思いますが、サジェストに現れるということは、検索される数が多いということです。

なのでどこかでゆあちゃんの大学にまつわる情報を拾った人が、検索している可能性もあるかもしれません。

ですがさらに深掘りしたものの、彼女が追手門学院に在籍しているという情報は見つけられませんでした。

なので、ゆあちゃんがどこの大学に通っているかは現在不明。

引き続き調べていきますので、新しい情報が入り次第ページを更新していきます。

ドラ恋 ゆあ(白石優愛)の身長・体重について

今回のドラ恋に参加している女性メンバーの中では、ゆあ(白石優愛)ちゃんは一番背が低いように見えますね。

それでは具体的にどれぐらいの身長があるのでしょうか?

所属事務所「G-STAR.PRO」の公式プロフィールを確認すると、身長152cmであることが判明しました。

日本の20代女性の平均身長は約157cmというデータがあるので、客観的にかなり小さい部類に入りますね。

ですが童顔で小動物のような雰囲気が、とても女の子らしくてかわいいと評判です。

次にゆあちゃんの体重ですが、当然ですがこれは公言していないので不明。

なので推測になりますが、まず身長152cmの20代女性の平均体重は47kg~48kgといわれています。

それに対してゆあちゃんですが、ドラ恋内でも小さいだけじゃなくかなり細いんですよね。

プロフでも趣味がダンスとありますし、プロの女優としての美意識も強く持っているかと思われます。

なのでゆあちゃんは152cmのシンデレラ体重である、42kgあたりだと推測しますね。

ちなみに補足情報ですがスリーサイズは、「バスト:80、ウエスト:58、ヒップ80」とのことです。

ドラ恋 ゆあ(白石優愛)の恋愛経験や好きなタイプなど

ゆあ(白石優愛)ちゃんのこれまでの恋愛・交際経験などは不明です。

ただ全くの0とは思いませんが、男性との交際経験はそこまで多くはないと推測。

これはゆあちゃんが子供の時から女優という職業で仕事をしており、学業との両立で彼氏をつくるひまはなかったという推測です。

また恋ドラのオーディションにおいて、相手役の人がキスをしようと近づけた顔を手で防御したという話もw

見た目と同様に、中身もピュアな女の子なのでしょうね。

ただし好きな人ができたら、自分から積極的にアプローチしていくとインタビューで公言していました。

「OKなのかダメなのか早くハッキリさせたい」という、せっかちな性格だとか。

次にゆあちゃんの好きな男性のタイプですが、内面的に尊敬できる人が好きとのこと。

本音かどうかは分かりませんが、外見はほとんど気にしないようで、中身が良ければ自然とカッコよく見えるのだとか。

ゆあちゃんは女優としての場数や経験は多いですが、お芝居の中でキスシーンはまだ未経験。

なので今回の恋ドラ出演は、女優としても新境地を開くといった感じでしょうね。

ドラ恋 ゆあ(白石優愛)のこれまでの経歴について

冒頭でも紹介していますが、ゆあ(白石優愛)は8歳で芸能デビューしているので20歳にして芸歴は12年。

映画やドラマを中心に、これまで数々の作品に出演しています。

以下では、彼女の経歴・出演作品の中でも主だったものをピックアップしていきます。

デビュー作品は、2009年に開催された舞台「キャラバン」ですね。

そこから2010年に「ハイスクールミュージック」、2012年に「101匹わんちゃん」と2つの舞台に出演。

この時のゆあちゃんはまだ小学生なので、おそらくは地元の劇団かなにかに所属していたのだと推測ます。

そして本格的に芸能活動を始めたのが中学に進学したタイミングで、事務所に所属したと推測。

そして2013年にいきなりNHK朝ドラの「ごちそうさん」にて、子役として初登場。

2014年には映画「眠れる美女の限界」にて、小林夏子さん扮する主人公アキの子供時代を演じました。

2015年には「48 Hour Film Project」の大阪大会にて、「歌ってもいいですか?」という作品で主演女優賞を受賞。

この「48 Hour Film Project」というのは、脚本段階から48時間で短編映画をつくり作品を競い合うという、映画コンペディションですね。

当時中学3年生・15歳という年齢にして、堂々の受賞はすごいの一言です。

さらに2016年にはNHK朝ドラの「べっぴんさん」にて、高西弥生役で出演。

芳根京子さん演じる主人公のすみれの同級生である悦子の娘、高西弥生役を担っています。

そして2018年には「たまえのスーパーはらわた」で、商業作品にて初の主演を務めます。
この映画は吉本興行制作のコメディ映画で、監督は「カメラを止めるな!」で一躍脚光を浴びた上田慎一郎さんですね。

そこでゆあちゃんは、将来映画監督志望の女子高生役の浦野玉恵役として出演。

観光PR映画の依頼を受けたのに、自分の好きなホラー要素を入れようとして、大勢の人を勝手に巻き込む暴走気味の女子高生を演じます。

カメ止め監督によるヒロインの抜擢と、注目作品での高い演技力を披露し、これ以降にオファーがたくさん舞い込むようになった印象。

その後も2020年には出演した映画「透子のセカイ」では、ニース国際映画祭にて「外国語 最優秀助演女優賞」にノミネートするなどの活躍をみせています。

映画やドラマ以外にもCMやMVの出演もしていますが、ゆあ(白石優愛)ちゃんの主な経歴としてはこんな感じです。

多数の出演作品はありますが、朝ドラを除いてはどちらかというとタンディーズ系ですね。

なので今回の「恋愛ドラマな恋がしたい」に出ることは、女優として今までにない試みといっていいでしょう。

これを機に若い女性から支持を受け、一気にメジャー路線に舵を進める可能背だってありえます。