イベントレポート

いよいよ「紙の物語」始まる。そして物語はついにフィナーレへ。 閉会イベントもお見逃しなく!

高橋陽子

2019.11.19

Writing: 高橋陽子

新居浜市、西条市、四国中央市を舞台に地域の資産、アート、アクティビティを融合させ、たくさんのプログラムを展開してきた「えひめさんさん物語」。ついに物語は最終章「紙の物語」を迎えます。

舞台は四国中央市。今年8月にオープンしたばかりの「しこちゅ〜ホール」で、11月20日から24日まで、四国中央市の資産「紙」を使ったユニークなプログラムを展開します。さらに最終日には、えひめさんさん物語のフィナーレを飾る「閉会イベント」も同時開催。

「紙の物語」と「閉会イベント」の見どころとは?

 

見せるのではなく、体感する「紙のサーカス」


紙の物語のメインプログラムとなるのが「紙のサーカス」です。

コスチュームアーティスト・ひびのこづえさんが、作・演出・美術・衣装の全てを担当。サーカス学校出身のホワイトアスパラガスと新体操出身の引間文佳さんが海をイメージした衣装を着て、川瀬浩介さんの音楽でパフォーマンスを繰り広げます。公演には、地元妻鳥小学校ダンスクラブの児童が出演。三島高校の生徒も公演サポーターとして参加します。

巨大なティッシュペーパーが上空から降ってきたり、トイレットペーパーが客席をリレーしたり……。紙とたわむれながら、最後には観る人も一緒になって海の世界を表現する2日間限定の参加体験型の作品です。

ひびのさんは「紙のサーカスはできあがったものを見せるのではなく、地域との関わりで膨れていくパワーを地域の皆さんと体感するものだと思っています。今回は地域を代表して、小学生や高校生にお手伝いしてもらいます。毎年恒例のイベントとなって、たくさんの学校とコラボできたらうれしいです」と語ります。(ひびのこづえさんのインタビュー記事もどうぞ)

好評につき、紙のサーカスは全公演満席。
ただし、観覧チケットがない人にラストチャンス!
各回開演の1時間前から「空席待ち整理券」の配布があります。これは公演当日、キャンセルで空席が出た場合に限り、観覧できるものですが、ご理解いただきたい条件がありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

◯紙の物語 「紙のサーカス
日時:11月22日(金)18:30~
11月23日(土・祝)14:30~、18:30~(公演時間:約90分)
場所:しこちゅ~ホール 大ホール(四国中央市妻鳥町1830-1)
参加料:無料
参加予約:必要。全公演満席

 

紙と四国中央市の魅力を再発見するインスタレーション「紙のまち」


紙の物語には、もうひとつのプログラムがあります。それが、インスタレーション「紙のまち」です。

紙のまちでは、ひびのこづえさんが描き下ろした巨大な四国中央市のイメージ、紙のサーカスで実際に使われる衣装や小道具を音楽に乗せて展示。紙のサーカスの世界観を体感しつつ、紙という素材の面白さと可能性、そして四国中央市の魅力を再発見する試みに、ご注目ください!

こちらは、事前予約不要。無料で観覧できますよ。

 

◯紙の物語 インスタレーション「紙のまち」
日時:11月20日(水)~24日(日)9:00から閉館まで
場所:しこちゅ~ホール エントランスホール
参加料:無料
参加予約:不要

11月24日は「紙の物語」とこれまでの物語が楽しめる「閉会イベント」も同時開催!

紙の物語の最終日には、同じくしこちゅ〜ホールで「閉会イベント」が開催されます。

▲(写真左上から時計回りに)全6話で展開された、ものづくり物語、山の物語、子どもの物語、紙の物語(photo:出口敏行 ©ひびのこづえ)、水の物語、あかがね物語の様子

4月からスタートし、7カ月もの長きに渡って物語をつないできた「えひめさんさん物語」。
閉会イベントは、全6話のコアプログラムと、市民が作り上げるチャレンジプログラムを通して、この地に生まれた魅力を振り返り、次代へとつないでいく、門出となるイベントです。

当日は、「アクティブライフ創造シンポジウム」と題して、各プログラムに関わった皆さんと、成果や今後の展開について意見を深める「パネルディスカッション」を2部構成で実施。そのほか、オープニングアトラクションとして三島高校と川之江高校の合同チームによる書道パフォーマンス、えひめさんさん物語の各プログラム振り返り映像の上映、知事・3市長による東予アクティブライフの創造宣言など、充実のプログラム内容になっています。

また、閉会イベント来場者には、先着600名に特産品のプレゼントもありますよ。そのプレゼント内容は、新居浜市のポリポーリ(別子飴)+レモンケーキ(永久堂)セット、西条市のアサヒビール350ml×3本、四国中央市のエリエール贅沢保湿3個入(各200名、いずれも予定)と、とっても豪華なんです!

紙の物語を楽しみながらも、これまで開催された数々の物語をもたどることができる絶好の機会です。お見逃しなく。

 

「えひめさんさん物語閉会イベント」
日時:11月24日(日)13:30~16:00
場所:しこちゅ~ホール 大ホール
参加料:無料
参加予約:不要

 

【紙の物語、閉会イベント共通】
しこちゅ~ホールへのアクセス方法:
<車でお越しの方>三島川之江インターチェンジ下車、400メートル(約1分)
<JRをご利用の方>せとうちバスでJR伊予三島駅からしこちゅ~ホール北バス停まで約13分、下車後、徒歩約5分
駐車場:有り(357台)
お問い合わせ:東予東部圏域振興イベント実行委員会事務局(愛媛県東予地方局商工観光室内) TEL 0897-56-1300(代表)(内線474)

 

【関連記事】
地元・四国中央市の人々が作り上げる1日限りの華やかな「紙のレストラン」で地産地食ランチはいかが?