イベントレポート

学んで、作って、その場で食べる 自分だけの飴づくり体験!

チーム愛大

2019.04.16

Writing: チーム愛大

チーム愛大の大上桃子(おおかみももこ)です。
新居浜スイーツプロジェクトと同日、同じ場所(別子飴本舗さん)で連続取材です。

今回は「体験型工場見学」ということで実際の見学を体験していきました。
案内してくださったのは、営業統括部長の秦昇一さん。
同じ一回生の安松明莉(やすまつあかり)さん、岩田佑紀(いわたゆき)さんと一緒に見学です。

 

別子本舗さんの全てがわかる体験見学!

まず、髪の毛が落ちるのを防ぐためのキャップをして始まりました。

早速、工場へ…と思いきやお店の外へ。
工場見学はお店に到着したところからなので、そこから始まります。

別子本舗さんの概要や歴史などを聞きます。


(店舗の横には、何台ものバスを通すことのできる広い通路があります)

次に店舗へ。

主だったお菓子についての説明があります。

ここで「生ようかん」の試食をさせてもらいました。
なんとこの「生ようかん」は、日本で一番おいしいおやつを決める「ニッポン全国ご当地おやつランキング」(第7回)で準グランプリに輝いた、すごいものだったのです!

私が食べたのはチョコ味のもので、くちどけや味などがトリュフのようでした。すごくおいしかったです。
賞を受賞しているということもあり、一番の売れ行き。ぜひ食べてもらいたいです。


いよいよ工場内へ。
(秦さんも本番用の制服に着替え、工場の中へ入ります)

工場内での説明の後、いよいよ飴づくりを。

飴の生地をすくってぐるぐると練ります。
まずは、秦さんがお手本を見せます。


(安松さん、大き過ぎますねー)

いざ自分でやってみると意外と難しい…。食べやすいサイズの飴にしたかったです。
練っている最中の秦さんのトークも面白かったです。

 

DVDによる説明があり、いつでも工場見学が可能に

今までの工場見学であれば、事前予約が必要で、実施時間も午前中と限られていました。

今回のプログラムでは、今まで社員が説明してた部分を映像化。
新居浜の歴史、店舗の概要と歴史、飴づくりの説明などを、DVDにまとめたのです。
その映像を店舗内で見せることにより、予約なし、人数制限なし、店舗の営業時間ならいつでも「飴づくり体験」ができるようになりました。

ただ、私としては秦さんトークが楽し過ぎたので(笑)、秦さんによる「生ガイド」も体験してほしいと思ってます!
(生ガイドを希望する人は、1週間前までに10名以上での予約が必要です)


(秦さんの後ろ姿と、店内に置かれている秦さんの動くポップ)

【今回の取材先】

チャレンジプログラム「体験型工場見学
日程:5月1日(水)~11月24日(日)
場所:別子飴本舗
費用:なし
お問い合わせ・お申し込みは、別子飴本舗 TEL0897-45-1080

さらに、もう1つのチャレンジプログラムがあります。

チャレンジプログラム「にいはまスイーツプロジェクト
日程:5月26日(日)、11月23日(土)
場所:大島
費用:3500円(島でのBBQ代込み)、小学生以上は1500円。予約制(30名の定員に達し次第募集終了)
お問い合わせ・お申し込みは、新居浜菓子クラブ(別子飴本舗) TEL0897-45-1080
詳しくはこちらへ

そして、関連イベントが2つもあります!

●ものづくり物語「アーティストinファクトリー
アーティストと企業のコラボレーションから生まれたアート作品が公開されます。
別子飴本舗さんとコラボしたのは、美術家の松岡美江さん。
5月4日(土・祝)、その日だけ公開されます。
詳しくはこちらへ

●ものづくり物語「オープンファクトリー(工場見学)
新居浜市内で6つの工場見学ができます。その内の1つが別子飴本舗さん。
5月には景品がもらえる、スタンプラリーが開催されます。
詳しくはこちらへ

この記事に関する意見・質問・取材希望の方は、編集部まで連絡をください。
また、学生レポーターも募集中です。私たちと一緒に取材し、情報発信をしませんか?詳しい問い合わせも編集部まで、どうぞ!