イベントレポート

ものづくり工場×アーティスト。
普段決して交わらない2者が生み出した最高傑作に注目!

チーム愛大

2018.12.16

Writing: チーム愛大

「ゆりかごブランコ」は、特別な時間を楽しむことができる素敵なもの。

安松明莉(やすまつあかり、愛媛大学法文学部1回生)です。2回目の投稿です。

2018年9月29日(土)のプレイベントでは、オープンファクトリーの説明もありました。

オープンファクトリーは、アーティストと地元の企業が協働で作品を制作し、それを工場で見学してもらう、といったものです。新居浜市・西条市・四国中央市からそれぞれ一組ずつ、計三組で開催されます。
私が最も見たいと思った場所は、「サイプレス・スナダヤ 東予インダストリアルパーク工場」(西条市)。「CLT」という現在注目されている新しい建築資材を用いた、「ゆりかごブランコ」と呼ばれるものが展示されています。

「ゆりかごブランコ」ってわかりますか? 昔は公園などにあったけれど、様々なリスクがあるということから、現在はなくなっています。(私も見たことがないです)けれど、アーティストさんは敢えてチャレンジしたのです。その気持ちに、企業さん側の「ものづくり魂」にも火がつき、形になりました。

普段決して交わらない同士だけれど、「何かを生み出す」ことが大好きな存在が、このイベントをきっかけに、協力して一つのものを生み出すということが、本当に素敵なことだと感じました。
こんなに素晴らしい技術を持った二つの存在が手を組めば、最高のものが完成すること間違いなしです!(これを見ないと、人生損するかも⁉)
この最高傑作を実際に目にしたいあなたは、ぜひ、この工場に足を運んで見てください。実際に見て、普段味わうことのできない特別な空間を体験できるのは、この工場に足を踏み入れた人だけです!
私も今から楽しみです。

<チーム愛大メンバーによる、コメントという名の茶々>

私も行きたいです。(なーこ)

次回の安松記事は、チャレンジプログラム「多喜浜塩田の歴史と文化・塩づくり体験学習」です。

 

この記事に関する意見・質問・取材希望の方は、編集部まで連絡をください。
また、学生レポーターも募集中です。私たちと一緒に取材、情報発信をしませんか?
詳しい問い合わせは編集部まで、どうぞ!