街コラム

生粋の新居浜「祭り人」 VOL.6
情熱は人一倍! 感極まって男泣きも。
鴻上京太郎さん


2018年10月に行われた新居浜太鼓祭りで、ママと暮らしのデザイン社が独断と偏見でキャッチした6組を紹介する、“生粋の新居浜「祭り人」”。
(前回はこちら

シリーズのトリは、多喜浜地区で声をかけた熱き祭り人です。

鴻上京太郎/29歳
身長:165cm
ファッションポイント:松神子(まつみこ)スタイル
影響を受けている人は?:矢沢永吉
あなたの夢は?:結婚
新居浜の好きなトコは?:松神子がある
祭りへの思い:多喜浜でのさしくらべ(太鼓台を持ち上げて優美さを競う)は、地 元なので、今年は絶対1番を取りたくて。リベンジできて良かったです。
メッセージ:彼女募集中!

中学生のときから毎年、新居浜太鼓祭りに参加しているという鴻上さん。男らしく指揮を取る姿は、生粋の「祭り人」という印象です。周囲からの推薦があり、昨年から指揮者に。その時は、驚きとうれしさが入り混じるような感情になったそうです。

2017年のさしくらべでは、残念ながら優勝を逃した松神子地区。しかし、2018年! 見事にリベンジを果たしました。「松神子地区優勝」というアナウンスが流れた瞬間、鴻上さんが感極まって涙する一面も。祭りにかける情熱を垣間見たような気がします。

太鼓台から降りて取材をさせてもらっているときは、終始恥ずかしそうにされてい て、がんばって撮影にのぞんでくれました。取材中、周りにいたかき夫の方たちからからかわれても、ずっとニコニコ。愛されキャラなのがよく分かりました。来年も優勝目指してがんばってほしいですね。

松神子太鼓台の皆さま、ご協力ありがとうございました。

text/箕岡智子 photo/木村孝