街コラム

地元においしいベーグルを届けたい〜Happy Bagel 自家製酵母ぱん Megumi〜

ゆり ママん

2019.04.02

Writing: ゆり ママん

こんにちは!ゆりママんです。
今回は、西条市の「Happy Bagel 自家製酵母ぱん Megumi」さんをご紹介します。

 

【趣味のパン作りから店舗オープンまでの道のり】

「長女がベーグルが大好きで、当時、愛媛県のパン屋さんにベーグルが並んでいなかったことがきっかけで作り始めました」と、店主の長谷部恵さん。
もともとパンを作るのが好きで、3人の娘さんの子育ての傍らレーズンから酵母を作り、
ポコポコと発酵する様子を見るのが癒やしだったそうです。

そして、パンとお菓子作りを学び、2015年11月にイベントに初出店。
のちに2016年1月に抽選で通販を開始し、同年10月に恵さんのお父様の実家を店舗に改装。
念願のベーグルのお店をオープンしました。

 

【店内に並ぶベーグルは約50種類! 焼きたてベーグルも】

店舗に並ぶベーグルは、約50種類。
季節の材料を使ったものから、彩りの良いベジサンドやタルティーヌまで、どれも思わず手に取ってしまいたくなるものばかり。

焼きたてをすぐに味わってほしいと、オープン時間に合わせてオーブンから出したばかりのベーグルが並ぶことも。
購入してすぐにパクッと食べられるのも醍醐味です。

ベジサンドに使われている野菜は、ご家族が土から育てて収穫した自家製のものを使用しているんだそう。
みずみずしい、旬の野菜が使われています。

シンプルなベーグルも人気で、その中でおすすめなのが西条産の押麦を使った「押麦ベーグル」。
生地がもちっとしていて、やわらかく、ハードなベーグルが苦手な方におすすめです。

 

【イートインやテイクアウトで味わえるパンプレート】

ベーグルをゆっくりと味わってもらいたい、という気持ちから、店内奥をイートインスペースとして開放しています。
広いお座敷なので、お子さん連れのお客さんにも人気なんだとか。

お好きなベーグル1個とスープとサラダのセットがついた「パンプレート」が注文でき、イートインでブランチを楽しむことができます。

サラダのドレッシングとスープは、自家製の麹を使用していて、恵さんや家族も日々親しんでいる長谷部家の味。
ドレッシングはさっぱり、スープにシンプルなベーグルを浸して食べるのがおすすめです。

パンプレートのスープは、テイクアウトが可能です。
イートインも気軽に利用してみてくださいね。

 

【今回の取材先】

Happy Bagel 自家製酵母ぱん Megumi
住所:西条市丹原町北田野1190
営業日:火・土曜
営業時間:11:00〜16:00(売り切れ次第終了)
駐車場あり
Instagram:https://www.instagram.com/happy_bagel_megumi/?hl=ja

ファクトリーツアー参加者募集中!

西条・新居浜・四国中央市それぞれエリアで開催される、第1話 ものづくり物語 アーティスト in ファクトリーの「ファクトリーツアー」の募集を、3月25日(月)から開始しました!
アーティストや工場の方によるナビゲート付きの見学ツアーで、お土産がついていたり、お仕事体験ができたりと、ものづくり産業の魅力を楽しめるスペシャルツアーです! 家族連れでいかがですか?

ものづくり物語「アーティストインファクトリー

日時:5/4(土・祝)~5/5(日・祝)、5/18(土)
場所:新居浜市、西条市、四国中央市
参加料:無料
参加予約:ファクトリーツアーは募集フォームから事前申込み
イベント詳細・申込先:http://ehimesansan.jp/openfactory/

5月4日(土・祝)開催企業の新居浜市3社、5日(日・祝)開催企業の四国中央市4社は、4月22日締め切り。5月18日(土)開催企業の西条市4社、新居浜市1社は5月7日締め切り。
参加人数に限りがありますので、お早めにご応募ください!※ 当日はツアー以外にもご自由に見学できます。