イベントレポート

地元の高校生が企画した「子どものまち」。 企画会議で進行役をした藤枝さんの意気込みは!?

串部公基

2019.06.12

Writing: 串部公基


えひめさんさん物語の中核をなす、6つのコアプログラム。
その中の一つに、子どもたちが主人公となる「子どもの物語」があります。

中でも、「子どものまち:小さなさんさん都」は7月27・28日(土・日)に、新居浜市総合福祉センターで小学3~6年生を対象に開催。
仕事や地域の魅力、社会の仕組みを学ぶための取り組みで、さまざまな会社やお店を子どもたち自身が考え、運営し、訪れるのも子どもたちだけのイベントです。

企画・運営をしているのは、現役の高校生たち。代表して、愛媛県立三島高等学校(四国中央市)に在学している、藤枝玲さん(写真中央)に話を聞きました。

Q)自分が住んでいるまちの好きなところや場所はどこですか。

A)四国中央市が一望できる具定(ぐじょう)展望台です。
※2004年の日本夜景100選、2010年の日本夜景遺産に認定されたスポットで、2012年には「恋人の聖地」にも認定。

Q)子どものマチづくり企画会議に参加しようと思った「きっかけ」は。

A)父に誘われたことがきっかけです。

Q)マチづくりの具体的な検討会が2月11日に新居浜市で行われ、2市から高校生29名が集まりました。高校生プランニングチームに参加して、どういう感想を持ちましたか。
そのときの記事はこちら。「高校生がプラニング!? 東予初「子どものマチ」づくり、いよいよ始動!」

A)私は、全体の進行役としてプランニング会議に参加させていただきました。はじめは企画の趣旨を説明し、みんなに話し合ってもらおうとしたのですが、「子どものまち」という具体的なイメージが湧かず、なかなか意見を出しづらい場の雰囲気が続きました。
しかし、回数を重ね、3市合同で行なった会議では、一人一人が自分の「子どものまち」を構想し意見を言い合い、また他の人の「子どものまち」を理解し、みんなの理想が詰まった「子どものまち」に仕上げることができたと思います。
また、プランニング会議を通して、四国中央市以外の高校生との交流ができ、「みんなを引っ張っていくリーダー力、責任感」を身につけることができたと思います。


▲初回の企画会議で自由にアイデアや発想を広げた高校生たち

Q)藤枝さんはどんなアイデアを出したのでしょうか。また、そのアイデアは採用されましたか。

A)進行役を務める中で、意見がなかなかでてこない班などに、その題材の自分なりの意見を班に投げかけ、そこからイメージを膨らませていってもらっていました。そのため、これが自分のアイデアという一つのものではなく、いろいろな班の意見に自分の意見が少しずつ取り入れられています。

Q)高校生プランニングチームでは、どんなまちを目指していますか。
A)子どもが大人と対等な立場で話せる場です。子ども扱いをしない・されないまちですね。
子どもたちが帰るときに、お父さんお母さんに「楽しかった」「この街が大好き」「将来こんな仕事がしたい」と思えるまちにもなったらいいなとも思っています。

Q)今回の経験を通して、自分が住んでいるまちのことを考えたり振り返ったりすることはありましたか。
A)子どものまちでは、子どもたちに自分が住んでいるまちのことを知ってもらうため、各市の特産品やイベントを取り入れたいと思っています。そこで、改めて自分の市の見どころや特産品を調べました。調べてみると、知らないことがたくさんあると気がつきました。(翠波高原や、霧の森、サイクリングなどのイベント行事など)

Q)本番は7月27・28日です。当日は参加されますか。
A)今のところすべて参加するつもりです。まだはっきりとは決まっていませんが、おそらく中心で活動するか、みんなのサポートをする役割になるかと思います。


▲プレイベントとして開催されたお試しミニさんさん都の様子

Q)最後にメッセージをお願いします。
A)私は、自分が子どもになった気持ちで、子どものまちで遊んで帰るときに、「楽しかった」、「このまちが大好きだなぁ」、「将来こんな仕事がしてみたい」と思えるようなまちにしたいと思いながら企画をしています。また、企画した高校生もやりがいを感じ、この市はこんな面白いことができるんだと思ってもらい、自分の将来に大きな影響を与えた場になると思います。
高校生が本気で考える「子どものまち」。絶対成功させてみせます!

藤枝さん、ありがとうございました。

子どもの物語「子どものまち:小さなさんさん都
日時:7月27日(土)・28日(日) 11:00~16:00
場所:新居浜市総合福祉センター
定員:東予東部エリアを中心に子ども200名(小学3年生~小学6年生)
参加予約:参加申込書をFAXもしくはメール
募集締切:7月12日(金)
お問い合わせ:東予東部圏域振興イベント実行委員会 TEL0897-56-1300(代表)

7月27日は講演会も!
講演会ゲストに厚切りジェイソンさんを迎え、楽しいトークで子育てしやすい東予東部地域と子どもの将来について考えます。
日時:7 月27 日(土)13:00~14:00
場所:銅夢にいはま
参加料:入場無料
定員:310名
参加予約:参加申込書をFAXもしくはメール
募集締切:7月19日(金)
お問い合わせ:東予東部圏域振興イベント実行委員会 TEL0897-56-1300(代表)