イベントレポート

電動自転車で、スイスイ楽々の移動! 自転車でないと辿り着けない場所と景色を見つける。

チーム愛大

2019.03.26

Writing: チーム愛大

こんにちは! チーム愛大の岩田佑紀(いわたゆき)です。
今回は、B-shop OCHIさんのチャレンジプログラム「最上の秘境 西条プレミアムサイクリングツアー」を取材しました。
このプログラムは「E-sport Bike」で西条市を巡ります。
美しい景色を楽しんだり、おいしいご飯を食べたりします。

そもそも「E-sport Bike」って何?
サイクリングツアーでしか楽しめない西条の景色って?

いろんな疑問の答えとその魅力をB-shop OCHI代表取締役 越智健二さんに教えていただきました!

 


向かって左が私。右は安松さんです。

 

電動自転車のイメージを覆す、E-sport Bike


たくさん話を伺った越智さん

「E-sport Bike」とは「電動アシスト付きスポーツバイク」、つまり電動自転車のひとつです。電動自転車といえば、お母さんが子どもを後ろに乗せて走るときのママチャリ…というようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
E-sport Bikeのお話を聞いて私が最初に思ったことは、電動自転車のスポーツバイク?
スポーツバイクはシュッとしたかっこいい自転車のことじゃないの?
バッテリーやボタンがいっぱいあって重そうだなぁ…という印象でした。

しかし実際に見てみると全く想像と違う、まさにかっこいいスポーツバイクで驚きました。

ぱっと見ただけでは電動自転車だと気づかないのでは、と思うほど。今回のツアーに使われるE-sport Bikeは、重さは20キログラム(一般的な自転車も約20キログラム)、一度の充電で100キロメートル近い距離を走ることが可能な最新型です。そのため、体力に自信がない人でもサイクリングを楽しむことができます。

思わずペダルを止めたくなる風景

西条プレミアムサイクリングツアーの醍醐味は、西条市内各所の感動の風景を味わえること。
「ペダルを漕ぐのを止めたくなる感動の景観」をテーマに掲げるツアーはとても魅力的です。
サイクリングだからこそ見ることのできる景色や、行くことのできる場所が西条にはたくさんあります。

ツアーでは越智さんの案内のもと、約50キロメートルのオススメコースを走ります。
その中には石鎚山(標高500メートルほど)を登る部分もありますが、そこはもちろんE-sport Bikeの電動アシストの出番です。無理なく石鎚の雄大な景色を楽しむことができます。今回のツアーでは、古民家カフェやパン屋さんには寄らずに、ツアーの最後に水に庭園に特設したアウトドアレストランにてランチパーティーを行います。

自転車であれば止まりたいと思ったときにすぐ止まれるので、見逃すということはありません。
電車や車では気づきにくい西条の魅力を知ることができます!


ランチパーティーはここで

 

E-sport Bikeを体験!

取材後、越智さんのご厚意でE-sport Bikeを体験させていただきました。私自身、スポーツバイクも電動自転車も乗ったことがないので最初は乗れるかどうか不安だったのですが、重くないため軽やかに漕ぎ出すことができ、電動アシストのおかげでスピードが乗りやすく感じました。何度か乗ればあっという間に安定して乗れるようになったので、近くの加茂川沿いを走ることに。

取材日は天気が良く、川岸には菜の花も咲いていて春らしい気候と景色で、存分にE-sport Bikeを楽しむことができました。川はもちろん石鎚山をはじめとした西条の山々を眺めることができ、10分ほどの短いプチ旅行でしたが、徒歩とも車とも違う速度のE-sport Bikeで走ることで特別な風景を見ることができました。

E-sport Bikeでしか見ることのできない最上の絶景を、ぜひペダルを止めて楽しんで見てください!!

 

【今回の取材先】
チャレンジプログラム「最上の秘境 西条プレミアムサイクリングツアー
日時:1回目は5月26日(日)、残り5回は10月まで(日程は未定)
場所:西条市内 (集合場所:西条市観光交流センター)
参加料:15,000円 (E-sport Bikeのレンタル料、食事、保険料込み)
定員:各回10名(E-sport Bikeをつかうため、身長155cm以上の方のみ)、予約制なので事前申込が必要
お問い合わせ・お申し込みは、B-shop OCHI
TEL 0897-55-2048 E-mail info@b-shop-ochi.com

この記事に関する意見・質問・取材希望の方は、編集部まで連絡をください。
また、学生レポーターも募集中です。私たちと一緒に取材し、情報発信をしませんか?
詳しい問い合わせは編集部まで、どうぞ

【補足説明です】
高性能電動アシスト付きスポーツバイクは、国内の法律上、アシスト力は時速10キロメートルを越えると徐々に低減します。時速24キロメートルになると、アシスト力はなくなります。