イベントレポート

深くて、濃くて、面白い!
専門家と巡る、自然と人のつながり「初耳話」満載ツアー。

チーム愛大

2019.02.16

Writing: チーム愛大

西条市の自然・文化・産業・歴史を深堀りした「初耳話」が満載

はじめまして。愛媛大学 法文学部人文社会学科 グローバル・スタディーズコース 3回生の佐野真理恵(さのまりえ)です。


(右端が私です)

大学ではフランス言語文化を専攻しており、フランス語を必死に勉強中です。
旅行、映画鑑賞、読書、音楽を聴くことなど、幅広く、「興味のあることはまずやってみる」のがモットーです。やってみたい!という気持ちから、いろいろな経験、人との出会い、自分の小さな成長を感じたいと日々前向きに歩んでいます。
出身は秋吉台のある山口県ということで、カルスト台地には小さいころから思い出があり、四国カルストにも親しみを感じています。さんさん物語を通じて、たくさんの出会いを重ね、縁あって訪れたこの愛媛県をもっと好きになれたら嬉しいです。

 

今回、私たちは「水の都市」とも呼ばれる西条市を舞台としたイベント、「親水都市アクアトピア わくわく水(ウォーター)エコツアー」の魅力をうかがってきました。
お話ししてくださったのは、イベントを主催する「NPO森からつづく道」副代表の小澤さん。


(取材に応えたくれた小澤さん)

「NPO森からつづく道」は自然に関する調査、研究、情報発信を通じて、自然と人の暮らしとの豊かなつながりを伝える活動を行っている団体です。


(NPOを説明するチラシ)

愛媛だけでなく、
世界で通用するツアー内容を考えました。

小澤さんが紹介してくれた今回のプログラムは、

①「スプリングエフェメラル・北国の春ツアー」
日程:4月20日(土) 場所:西条市保井野堂が森登山道から池付近

②「天空の水・廃墟・廃屋・廃鉱ツアー」
日程:4月27日(土) 場所:西条市丹原町鞍瀬ヌタヤブ


(愛媛県が誇る、桃井ザクロ石)

③「これぞうちぬき・奇跡の清流」
日程:6月9日(日) 場所:西条市禎瑞(ていずい)

④「万葉の森・御井の里ツアー」
日程:8月24日(土) 場所:西条市楠・河原津

⑤「街の真ん中にある湧水希少生物大群落ツアー」
日程:9月14日(土) 場所:西条市三津屋・周布

⑥「水草の森・80年ぶりに見つかったスーパーレア水草」
日程:9月22日(日) 場所:新居浜市大生院 中萩駅

(超希少水草)

と、場所も内容も実にさまざまな6つのプログラムです。

そうは言っても、自然や生き物が好きじゃない人もいます…と思いますよね。

しかし、今回のプログラムの大きな魅力の一つは「自然と人とのつながり」という点にあります。
ただ自然に触れたり、生き物のことを知ったりするだけでなく、その裏にある文化や産業、歴史などを交えながら自然を学ぶことができます。
例えば、②「天空の水・廃墟・廃屋・廃鉱ツアー」。
廃墟から、昔の人々の生活、特に豊かで厳しい山の生活を肌で感じることができます。もちろん、その中に存在する滝などの美しい自然も魅力的です。探検好きな人は、少し興味が湧いてきませんか?

西条市には「うちぬき」と呼ばれる地下水から育まれた産業や文化が数多く存在します。
豊かな水と自然を体いっぱい感じながら、ちょっと自分のまわりの自然を考えてみる…そういった時間があってもいいなと思います。

この取材の時間だけでも、小澤さんからは西条への愛、自然への愛をたくさん感じました。
ためになるお話もぜひ楽しみに、ツアーに参加してみてください。

【今回の取材先】
チャレンジプログラム「親水都市アクアトピア わくわく水(ウォーター)エコツアー」
参加費(保険料など):大人500円、子ども300円
お問い合わせ・お申し込みは、NPO森からつづく道 TEL・FAX 089-992-9152  メール tffxg230@ybb.ne.jp(担当:小澤)

この記事に関する意見・質問・取材希望の方は、編集部まで連絡をください。
また、学生レポーターも募集中です。私たちと一緒に取材し、情報発信をしませんか?詳しい問い合わせも編集部まで、どうぞ!