イベントレポート

創作土曜マルシェを発信の場に!

秋月やすこ

2019.11.16

Writing: 秋月やすこ


ママと暮らしのデザイン社の秋月やすこです。
10月19日、2カ月に1回開催されているチャレンジプログラム「創作土曜マルシェ」に行ってきました!

マルシェに行くのが大好きで、お気に入りの作家さんの作品を見られるワクワク感や、仲良くなった作家さんと会える楽しみ。いくつになっても女性にとってマルシェは楽しめる場所!
今回も、すてきな出会いがたくさんありましたよ。

まずは、マルシェを担当している、正浩商事株式会社の平田真紀子さんにお話を聞きました。


「土曜創作マルシェを開催するきっかけは、創作地区に来たことがない人が来るきっかけになれば、愛媛県内外で活躍している作家さんたちの発信の場になればという思いでした。イベントがあることで、初めて創作地区に足を運んでくれる方もいらっしゃるんです」


出店者の中には、以前、さんマガに登場してもらった、寺尾果樹園の寺尾つむぎさんの姿も。(記事はこちら
笑顔いっぱいで無添加マーマレードやスムージーを販売。
みかんのおいしい季節になってきたので、ぜひみなさん足を運んでくださいね~。

芝生の上でのイベントが心地いいんです!


次に、新居浜市出身、高松市在住のアクセサリー作家・森由紀子さんにお話を聞きました。

「創作土曜マルシェは、ほっこりするイベントです。同じ出店者さんと仲良くなれて、今日はあいにくの雨だったけど、お天気がいい日には空も綺麗で。なにより芝生の上にテントを張って参加できるイベントはなかなかないので、お客さんも出店者さんもゆったりと楽しんでいるんです」

音楽でマルシェを盛り上げます!


ステージで準備をしている女性たち。三味線を持ってる女性の姿も!
いったいどんな音楽が流れてくるのだろうと興味津々の私。
そして始まったのが沖縄音楽~。

あ~この歌知ってる!! 聞いたことある!!
いつの間にか一緒に口ずさんでいました。
この女性たちは今治市で活動している、沖縄三味線バンドしまなみネーニーズさん。
マルシェが活躍の場になって、会場を盛り上げていました!!


これからの創作土曜マルシェをどのようにしていきたいですか? と平田さんに聞くと、「2カ月に一回開催していますが、毎回出店してくれる方もいますし、初めて参加の方もいます。出店者さん同士の交流の場にもなり、回を重ねるごとに雰囲気がよくなっているので、これからも気軽にお客様に足を運んでもらえるように、創作土曜マルシェを続けていきたいです」と思いを伝えてくれました。

えひめさんさん物語会期中の開催は終了しましたが、次回の創作土曜マルシェは12月21日(土)です。

【今回の取材先】
チャレンジプログラム「創作土曜マルシェ
日時:4月20日(土)済・ 6月15日(土) 済・8月17日(土) 済・10月19日(土)済
場所:創作地区(新居浜市上泉町8−5)
お問い合わせ:創作地区クリエイティヴルーム 090-4503-0192(平日9:00〜17:00)