イベントレポート

一夜限りの異国情緒に満ちた商店街。 あなたは何を楽しむ夜にする?

串部公基

2019.08.07

Writing: 串部公基


こんにちは、さんマガ編集部の串部です。
えひめさんさん物語の中で、チャレンジプログラム「魅惑の真夏の夜 土曜夜市&紺屋町BAR」が開催されます。
今回は、西条紺屋町商店街振興組合の皆見大輔さんに、プログラムの詳細を伺いました。


▲西条紺屋町商店街振興組合の皆見大輔さん

魅惑の真夏の夜 土曜夜市&紺屋町BAR」は8月10日(土)に開催します。
土曜夜市は18:00~21:00、紺屋町BARは17:00~です。

「魅惑の真夏の夜」をテーマに、地元の飲食店や雑貨店、4酒蔵が集まり、友好都市ベトナム・フエ市の料理に、ベトナムランタンが彩る夜景などベトナム文化に触れる機会もあり、一夜限りのスペシャルな体験を用意しています。

紺屋町商店街の内外からたくさんのお店が集結、
おいしいもの、すてきなものに出会う夜


地元でなじみのお弁当屋さんや創作ラーメン屋さんなど、商店街内外の飲食店が、自慢料理を手ごろな値段で提供します。
いつも食べているお気に入りのお店の料理や、気になっていたけど食べたことのない料理など、さまざまなお店の料理を味わうチャンスです。
食事のほか、雑貨を扱うお店も複数出店しており、食事だけでなく買い物を楽しむこともできます。(商店街にはテーブルとともに約300席が用意されます)

夜市に先駆け、17時から開催される紺屋町BARでは、ソフトドリンク・アルコールドリンクともさまざまなものが販売されます。


中でも、地元の「成龍酒造」「石鎚酒造」「首藤酒造」「武田酒造」の4酒造が出店、日本酒の販売も行われます。なかなか飲む機会の少ない純米大吟醸など、ハイクラスな日本酒を、一杯200円から楽しむチャンスです。

ベトナム文化を体験し、体感する夜

西条市と友好都市提携をしているベトナム・フエ市。
「ベトナムの京都」とも言われるフエ市は、南北に長いベトナムのちょうど真ん中に位置する古都です。世界遺産となっている王宮や寺院などの建築物群が有名です。

2000メートル級の山々から海岸まで、平野を挟んで両者が近くに位置する地形は西条市と非常に似通っており、平成17年にフエ農林大学が京都大学との共同研究で西条市を訪れて以来、交流が続いています。

今回、今治明徳短期大学のベトナム留学生も参加。
民族衣装であるアオザイを身につけ、「私に聞いてね」というワッペンをつけ、商店街の中を歩いています。ベトナムについて知りたいこと、気になることを尋ねて交流ができます。

また、NCL西条の篠原さんが西条市の国際交流員のベトナムの方に声をかけて、NCSやミスフエというブースでベトナム料理も提供。現地で「ネム ルイ」と呼ばれるフエの人たちが愛するベトナム中部の代表料理で、レモングラスの茎に豚肉のつくねを巻いたものを甘いタレにつけてライスペーパーで巻く、ルイ春巻きなどが提供されます。

LOVE SAIJO in ベトナムというブースでも、定番ベトナム料理の「コム ガー」と呼ばれるターメリック(ウコン)の黄金色が鮮やかな鶏肉の炊き込みご飯や、「ガー サオ サー オット」と呼ばれるレモングラスや唐辛子で味をつけた鶏肉の炒め物を提供します(各500円を予定)。
日本風のアレンジが少ない、現地の味です。

支援センターでは、「ノンラー」と呼ばれるベトナムの麦藁帽子に絵付けをする体験もできます(300円を予定)。日本の、三角形の蓑笠と呼ばれるものに形は似ていますが、素材はムレにくい麦わらが使われています。それもノンラー専用の頑丈で特殊な藁が使われています。


フエ市のあるフエ省では、「ノンバイトー」とも呼ばれ、織り上げられた藁の間に鮮やかな切り絵を挟んだカラフルなものが有名です。今回は、切り絵をはさむのではなく、完成品の「ノンラー」に自分で絵を描いてオリジナルノンラーを作ります。

そして、ベトナムといえば「ランタン」。色鮮やかなたくさんのランタンが夜闇を飾るさまは、美しく幻想的です。


ベトナムランタンは、日本でいうところのちょうちん。しかし、骨組みは横ではなく縦に組まれ、白を貴重とした和紙を使用したちょうちんの多い日本とは対称的に、色とりどりの布を貼り付けて作ることで、多彩な色のランタンになります。
この夜市では、商店街裏にあるどんぐり公園内の八坂神社付近にランタンを飾り、日本とベトナムのコラボレーションを演出します。インスタ映え間違いなしの「魅惑の夜景」は必見です。

西条、紺屋町商店街、ベトナム、たくさんの魅力が詰まった土曜夜市です。
ぜひみなさんで遊びに来てください。

【今回の取材先】
チャレンジプログラム「魅惑の真夏の夜 土曜夜市&紺屋町BAR
日程:8月10日(土) 土曜夜市/18:00~21:00 紺屋町BAR/17:00~
場所:紺屋町商店街
お問い合わせは、西条紺屋町商店街振興組合 TEL 0897-56-1700