イベントレポート

最高の材料だけを用いたお味噌づくり! 大豆から作り上げる、自分味噌!(後編)

チーム愛大

2019.06.11

Writing: チーム愛大


こんにちは。さんマガWEB編集部・チーム愛大の安松明莉です。
今回は、チャレンジプログラム「いよ西条だいず物語 “1”から作ってみよう!お味噌づくり」の体験レポート(後編)です。
前編の記事はこちら
人生で初めて、味噌を手作りしてきました!

味噌づくりも終盤


米麹と塩を混ぜた200グラムの味噌玉ができたら、最後に、自分の持ってきた容器に作った味噌玉を詰めていきます。(このときに空気を入れないのがコツです。そのため団子状にします)
表面にカビ対策のための焼酎を塗り、ラップをしてふたをし、ついに完成!


完成といっても、食べられる味噌の状態になるのはおよそ半年後。待ち遠しいですが、毎日観察しながら、完成する日を楽しみに待ちたいと思います。

作る前は、難しそうと思っていた味噌作りでしたが、実際にやってみると意外に簡単で、あっという間にできあがってしまいました。
私は初めて会った方々と一緒に作りました。おしゃべりしながら一緒に1つのものを作るので、すごく楽しめました。

みんなで楽しく最高のランチタイム! 5つは食べ過ぎ……


お味噌を作った後は、「土と暮らす」さん特製のおにぎりと味噌汁のランチ。おにぎりはみんなで握ったのですが、いろいろな形ができて面白かったし、普段あまり握る機会がないので新鮮でした。


ランチはどれも本当に、シンプルにおいしかったです。体に優しい感じがしました。おいしすぎて、私は大きなおにぎりを5つも食べてしまいました……(笑)
甘酒もあり、私が飲んだことがない、素材本来の優しい甘みのある、すごく飲みやすいものでした。ノンアルコールですし、体に良さそうでした。

味噌作りは、ワイワイと楽しく、初めての人とも仲良くなり、お昼もたくさん食べることができ、良いことづくしのイベント。
1人でも、友だちや家族でも楽しめます。ぜひ、ご参加ください!

最後になりましたが、持ってくるものまたは用意するものは
・エプロン
・三角巾
・持ち帰り用容器(3キログラム程の味噌が入り、そのまま熟成保存が可能なもの)
の3つです。


▲プログラム終了後、首藤さんと記念撮影

 

【今回の取材先】
チャレンジプログラム「いよ西条だいず物語 “1”から作ってみよう!お味噌づくり
日時:7月6日(土)と8月3日(土)は満席。両日のキャンセルがある場合の追加募集や、別日開催の告知は、土と暮らすFacebook&ホームページ&Twitterなどで案内
場所:西条市食の創造館(西条市三津屋南2-54)
参加費:大人5,000円(お持ち帰り味噌3キログラムの材料、昼食代を含む)
お問い合わせ・お申し込みは、土と暮らす TEL090-1148-0989(首藤)