えひめさんさん物語〜東予東部圏域振興イベント

メニュー

えひめさんさん物語の新着情報

9/29(土)えひめさんさん物語
プレイベントを開催しました!

2018.10.9

 東予東部圏域振興イベント「えひめさんさん物語」のプレイベントを9月29日(土)に新居浜市のあかがねミュージアムで開催しました。

 当日は、篠笛演奏家の阿部一成氏による篠笛の壮大な音色でスタートし、新居浜市・西条市・四国中央市の三市長と副知事が、えひめさんさん物語の6つのコアプログラムについて説明し、メインポスターをお披露目しました。

 ステージイベントでは、ものづくり物語「アーティストinファクトリー」についての発表会が行われました。
アーティストinファクトリーとは、ものづくりの工場にアーティストが滞在し、アーティストの視点で、その工場の新たな価値の発見となる作品を作り上げるプロジェクトです。今回ご参加いただいた三市のものづくり企業・団体とアーティストは以下のとおりです。実施してみての気づきや変化について、発表いただきました。
 【新居浜市】株式会社大石工作所さん×柳原絵夢さん
 【西条市】株式会社サイプレス・スナダヤさん×WALTZ.さん
 【四国中央市】伊予水引金封協同組合さん×月岡彩さん

 チャレンジプログラム発表会では、認定団体の代表者がプログラム内容を発表しました。チャレンジプログラムとは、地域住民グループや企業、団体等が、地域の魅力を県内外にPRし、この地域にたくさんの人を呼びこむため、自ら企画し、運営するプログラムです。
 新居浜市大島の古民家でのジャズコンサートや、西条のお堀でのウォーターバルーン体験、四国中央市霧の高原でのマウンテンバイクレースなどの企画内容を説明いただきました。

 多目的ホールでは、子どもの物語プレイベント「お試しミニさんさん都」を実施しました。子どもたちは、大人が自由に出入りできない街である「お試しミニさんさん都」で、銀行や水引細工工房、東予の特産品を扱う物産館などで働き、給料を得て納税し、商店での買い物やジャグリング遊びなどを楽しむことにより社会の仕組みを学びました。

 また、お試しミニさんさん都内で議員を募集し、ステージで子ども議会を実施し、参加してみての感想や今後の子どものマチについて話し合い、要望書を実行委員会に提出しました。

 なお、9月30日(日)に予定しておりました、ものづくり物語プレイベント「オープンファクトリー」については、台風による悪天候が予想されたことから、延期となりました。今後の開催日は決まり次第お知らせいたしますので、どうぞご参加ください。

page top