恋愛リアリティーショー

バチェラー4 黄皓/コウコウの実家や父親・母親・妹など家族構成を紹介!

プールサイドでドリンクを飲む男性

4代目バチェラーに就任が決定した、黄皓(コウコウ)さんについて。

高学歴・高収入・容姿端麗で、女性に対する接し方も一流ということで、まさに選ばれる男にふさわしい人物ですよね。

そんな黄皓(コウコウ)さんの実家、家族構成などに興味がある方も少なくないでしょう。

このページでは黄皓さんの出身や家族について、より詳しいエピソードを交えながら紹介していきます。

息子としてまたは兄として、バチェラーでは見ることのできない黄皓さんの一面をチェックしてください。


黄皓(コウコウ)の出身地と実家はお金持ちなの?

バチェラー4に出演中の黄皓(コウコウ)さんは、生まれつき育ちが良さそうな雰囲気が出ていまよね。

実家がお金持ちで、典型的なサラブレットという感じがします。

ですが実はそんなことはなく、小さい頃はまったく裕福ではなく貧乏な暮らしをしていたとか。

まず黄皓(コウコウ)さんの出身地は、中国湖南省長沙市というところ。

この湖南省や長沙市という場所は、近年急速なIT化によって発展し、今では多数の日経企業も進出しています。

ですが一昔前は農業中心で過疎化し、貧困家庭もかなり多かったようです。

そして黄皓さんの子供時代の実家は古くてボロボロの団地で、客観的に貧しいものだったとのこと。

その実家周辺も一応はアスファルトで舗装されているものの、道は本当に凸凹といった感じ。

近所の子供とドッジボールをするにも、空気の入ったボールは手に入らないので、米の入った袋でやっていたとか。

こういう家庭環境で育つわけですが、さらにご両親は自分が3歳の頃に日本に出稼ぎに行ってしまいます。

なので黄皓さんは、近くに住んでいた祖父に育てられたとのことです。

その後に紆余曲折あったものの、お父さんが上海で貿易会社を設立。

そして現在、ご両親2人は実家のある上海で暮らし、黄皓さんは日本に住みながら行き来するという感じのようです。

黄皓(コウコウ)の家族構成を紹介

上では黄皓(コウコウ)さんの出身地・実家や、生い立ちについて簡単に紹介しました。

次により具体的な、黄皓さんの家族構成をみていきましょう。

黄皓の父親は貿易会社を設立!バイタリティのある中国人

まず黄皓(こうこう)さんのお父さんですが、「黄天霽」という名前です。

呼び方はおそらくですが、「コウテンサイ」または「コウテンザイ」だと思われます。

そしてこのお父さんですが、見た目が若くて顔はイケメンですよね。


画像引用元:Instagram

黄皓(コウコウ)さんも周囲の人たちから、「お父さんに似てる」とよくいわれるそうです。

そして先述していますが、このお父さんが2005年に上海で貿易会社をつくります。

会社名は「上海TCL」で、物流や貿易関係の会社。

2018年には息子の黄皓さんが、家業を継ぐという形でこの会社の代表取締役になっています。

そしてこの父親ですが、まさにバイタリティのある中国人といった感じの人。

上でも書きましたが、子供を実家に残したまま妻と2人で日本に出稼ぎに行きます。

中華料理屋で皿洗いをしたり、建設会社に勤務するなどで日々の生計を立て、起業資金を貯めたのでしょう。

ちなみにバチェロレッテ出演時に、父親・母親共に日本語がペラペラだったのも、夫婦で何年間も日本で暮らしていたからですね。

その後、父親の黄天霽さんは、

・割り箸製造
・ゴミ回収
・ワイシャツ販売

などで起業するも、事業は失敗の連続で何回も会社を倒産させたようです。

それでも諦めることなく努力し続け、貿易会社の「上海TCL」を設立。

黄皓さんが跡を継ぐ前から、年商は余裕で数十億を超える規模の会社になっていたとのこと。

現在、日本と中学で実業家として活躍している黄皓さんですが、顔など外見だけでなく起業家としてのメンタリティも父親に譲りなのでしょう。

黄皓の母親は元バリキャリのかっこいい女性!

次に黄皓(こうこう)さんのお母さんですが、「冷冰」という名前です。

おそらくですが読み方は、「ヒレイ」だと思われます。


画像引用元:Instagram

母親の名前に「黄」という字がないのですが、日本と違い中国は夫婦別姓が普通です。

(*子供は父親の姓を名乗るのが一般的)

このお母さんもとてもキレイな方ですよね。

スタイルもスラっとしていてスレンダーですし、若い時はとんでもない美人だったことが伺えます。

旦那さんとは大学に入学して2ヶ月の時に、同級生として知り合ったとのこと。

しかもお互いが初めて見た時に一目惚れして、すぐにお付き合いすることになったのだとか。

またバチェロレッテでは、思い悩む福田萌子さんに対して、

「今の若者は難しく考えすぎている」、「自分の心に従って行動したほうが良い」、「失敗を恐れずに前に進むことが大事」などのような言葉をかけます。

これは黄皓さんの母親としてではなく、純粋に一個人として萌子さんのことを思った温かい言葉だったのと思います。

そしてこのお母さんですが、今でいう「バリキャリ」と呼ばれる種類の人だったとか。

夫婦そろって日本で同じ会社で働いていたものの、母親の方が第一線で働いていて役職も上。

当時バブル時代の日本で流行していた、特大の肩バッドが入ったスーツを着こなしバリバリに働いていたとか。

黄皓さんはそんな母親を子供ながらに、「かっこいい」と思っていたようです。

こんな妻に支えられたこともあって、失敗続きだった旦那さんの会社も成功したのでしょう。

現在は会社自体も息子の黄皓さんが継いでいるので、上海の実家にて夫婦で悠々自適に暮らしているのだとか。

黄皓の妹は超美人かつ兄以上の秀才!

ご両親にくわえ黄皓(コウコウ)さんにはもう1人家族がおり、それが妹さんになります。

この画像の女性がそうですね、名前はmiki(みき)とのこと。


画像引用元:Instagram

一目瞭然めちゃくちゃな美人さんですよね。

ルックス・スタイル共に抜群で、まるでファッション雑誌のモデルさんのようです。

黄皓(こうこう)さんも、この妹さんはかわいくて仕方がないようですね。

YouTubeでは、「マジで天使」「まじチャイボーグ(完璧な中国美女のこと)」といってます。

しかもこの兄妹、実は14歳も年が離れているんですね。

現在の黄皓さんは35歳なので、妹のみきさんは21歳ですね。

これは中国の一人っ子政策や、両親の事業の問題もあって、この年の差になったのだと推測します。

そしてみきさんのインスタは鍵垢になっているのですが、プロフィールに「SH|LDN」と記載されています。


画像引用元:Instagram

このSHは上海を意味し、LDNはロンドンを意味しています。

というのも妹のみきさんは黄皓さん以上の秀才で、現在はロンドンでトップレベルの大学に留学しているとのこと。

そして兄妹仲ですが、これだけ年が離れていると喧嘩などはありえなく、なんでも譲ってあげる優しいお兄ちゃんだとか。

なのでそんな妹との仲はとても良好。ペアルックを着て外出しているところを投稿するぐらいです。


画像引用元:Instagram

しかしこれをみると兄妹というか、恋人といわれても違和感ないぐらいのイケメンと美女ですね。

黄皓(コウコウ)と家族の詳細エピソード

上では、黄皓さんの家族構成をピックアップしました。

父親・母親・本人・妹の4人家族です。

では次に、そんな黄皓さん家族のエピソードを取り上げていきます。

黄皓家族の恒例イベントは餃子パーティ

これはバチェロレッテをみていた方ならもちろんご存じだと思いますが、黄皓さん一家には伝統的なイベントがあります。

それは「餃子ワインパーティ」。


画像引用元:Instagram

一家総出でつくった餃子の餡を、みんなで皮に包んで焼いていくというもの。

あの完璧バチェロレッテの福田萌子さんも、この黄一家の餃子パーティではすごくリラックスして楽しそうにしていましたね。

今は日本に住んでいる黄皓さんは貿易会社の社長でもあるので、上海と日本を行き来する生活をしています。

なので中国の実家に帰った際は、こうやって家族で餃子を包みながら団らんの時間を過ごすのだとか。

ですが最近は世界情勢的に、日本から海外に行って戻ってくるのが厳しい状態です。

黄皓さんもなかなか上海の実家に帰ることができず、ご両親とも会えていないそうですね。

黄皓の両親は今も夫婦円満で素敵な関係!

上で書きましたが、黄皓(コウコウ)さんのお父さん・お母さんは大学で知り合い恋愛結婚しました。

あった瞬間一目惚れだったようですが、その時のことを母の冷冰さん曰く「光り輝いていた」といってます。

そして結婚してから40年以上が過ぎているようですが、夫婦仲は円満そのもののようですね。


画像引用元:Instagram

楽しそうに夫婦で手をつないで歩いてる写真です。


画像引用元:Instagram

お揃いのプラダのTシャツを着ている2人。

また上記の餃子パーティーの中に、冷冰さんが餃子の餡を手ですくい、天霽さんの口に持っていって味見をさせるというシーンがありました。

スプーンで食べさせるというのはあったとしても、日本人でこういう感じの夫婦はなかなかいないと思います。

そんな両親の姿を見ていた黄皓さんも、何事もなかった感じだったので自然なことなのでしょう。

なので常日頃から仲が良く、スキンシップを取り合っている夫婦であることが分かります。

そして今回4代目のバチェラーとして登場する黄皓さんも、結婚するなら両親のような夫婦が理想的だと考えていると思います。

オーディションから選ばれた15名の候補女性の中に、その相手が果たしているのか注目ですね。

黄皓と両親・家族が一緒に生活をしていた数年間のみ


画像引用元:Instagram

黄皓さんがまだ物心つかない頃に、母・父とも日本に出稼ぎに行ったことは上で紹介しました。

また現在の黄皓さんは、日本に生活の基盤を置いて会社経営をしています。

そしてこの親子が一緒に暮らしていたのは、ほんの数年間だけなんですね。

というのも黄皓さんは中学2年の時に来日し、三菱商事に就職してメキシコに出向されるまで、ずっと日本に定住しています。

それに対して、両親は黄皓さんが高校2年生の時に帰国し、それ以降はずっと中国に住んでいます。

なのでこの親子が家族として生活を共にしていたのは、

・0~3歳
・中学2年~高校2年

ということになります。

赤ちゃんの時の記憶などほとんどないと思うので、実質的には3~4年間だけでしょうか。

ちなみに妹のミキさんとは、一度も一緒に生活をしていません。

このような家庭環境は、日本の常識で考えるとかなり逸脱しています。

ですが競争の激しい中国社会では、このような家庭はたくさんあるようですね。

そんな背景で育ったにもかかわらず、途中で道を踏み外すことなく、今や億を超える実業家&4代目バチェラー。

これは後述しますが、黄皓さんが家族のことを心から大切に思い、両親にはずっと尊敬の念を抱いているからでしょう。

黄皓は両親からとにかく愛情を注いでもらった!


画像引用元:Instagram

黄皓(こうこう)さんが両親のことを語っている動画にて、「本当に愛情を注いでくれた」といってます。

先述していますが、父親が事業に成功するまでの黄皓さんの家庭はかなり貧乏な部類でした。

ですが苦しい経済状況でも黄皓さんには3食しっかりと食べさせ、自分たちは1食だけで平気な顔をしていたとか。

また会社をつくった後も、ピンチの連続が続いたようですね。

それでも日本で大学に通っている息子には決して悟られないように振る舞い、黄皓さんは何不自由のない暮らしをさせてもらったそうです。

先述のように、両親・家族とはずっと離れて暮らすことが多かった黄皓さん。

それでも全身全霊で愛情を注いでくれたので、孤独やさみしさを感じたことは一切なかったとのことです。

また黄皓さんは何か道に迷ったときは、必ず両親に相談をするそうですね。

お父さん・お母さんもそれに対しアドバイスはするものの、最後は「お前が決めろ」といってくれるとのこと。

そしてどんな道に行ってたとえ失敗したとしても、後ろには自分たちがいるから安心しろという言葉をかけてくれるのだとか。

今現在の黄皓さんが数々の事業を成功させ、バチェラーとしての地位に上り詰めたのも、この両親がいるからこそですね。

黄皓の妹は甘え上手の人たらし!


画像引用元:Instagram

黄皓(コウコウ)さんが妹のみきさんのことを、とても可愛がっていることは上で書きました。

本人は「兄活」といってましたが、クレジットカードすら妹に渡して貢ぎまくっているとか。

そしてミキさんですが、非常に頭がよくて甘え上手な女の子のようですね。

みきさんの誕生日が近づいてくると、DMで欲しいもののスクリーンショットが黄皓さんの元に送られてくるとのこと。

その写真はブランド物が多く、しかも大量に送られてくるそうですね。

それから何の脈絡もなく、「お兄ちゃんどれがいいかな?」という質問。

さらに「誕生日プレゼントで悩んでいて1つはお父さんから貰おうと思ってるけど、もう1つはどうしようかな?」という感じの聞き方をしてくるそうです。

そういう言われ方をすると、妹大好きな黄皓さんは「好きなもの買いなさい」と答えるとのこと。

その後、クレジットカード決済の通知が黄皓さんのスマホに来るわけですが、それが結構な額だとか・・・。

また時には、入手自体が困難なモノのリクエストも来るそうですね。

具体的には、アディダスとカニエ・ウエストのコラボスニーカーで、当時は世界中どこも手が入らなかったとか。

しかも色違いで2足という約束をしてしまったので、兄としての威厳を保ちたい黄皓さんは、ありとあらゆる手段を使ってなんとかゲットしたとか。

そんな気苦労もありながらも、やはり妹のことは可愛くてたまらないようですね。

しかもミキさんは常に学業はトップでルックスはかわいい、そして人たらしということで、そんな彼女のことを黄皓さんは尊敬すらしているそうです。

兄として黄皓が妹を叱る時もある!


画像引用元:Instagram

上では妹のミキさんに、黄皓(コウコウ)さんがデレデレであることを述べました。

ですがそれだけではなく、必要な時には兄としてビシッと注意することもあるとか。

というのも、妹のミキさんと母親の冷冰さんは言い争うことがあるとか。

特に妹が反抗期だったころは、黄皓さん曰く「メチャクチャ喧嘩してた」という話です。

そしてそんな時に、ミキさんが両親に向かってあまりにも生意気な口を聞いたり、態度を取ったりすることもあったとか。

それをみた黄皓さんは、「お父さんとお母さんにそんなことを言うな」とシッカリ妹を叱るようですね。

黄皓さんもミキさんも、親元を離れて1人で暮らしています。

もし両親が事故や病気になって明日亡くなったとしたら、口汚く罵った言葉が最後の言葉になるということを妹に説くそうです。

普段は穏やかで優しいけど、締める時はしっかりと締める、お兄さんとして理想的ですよね。

ちなみに黄皓さん自身には、反抗期というのはほとんどなかったようですね。

基本的に子供の時から父親・母親のことを尊敬しているので、迷惑をかける行動を取ることはなかったと。

黄皓の妹に初めて彼氏ができた!

黄皓(こうこう)さんは妹のミキさんのことを、心の底から溺愛していることは上で述べてきました。

年齢が14歳も離れているので、兄弟というよりは娘に近い感覚なのでしょうかね?!

そしてこのミキさんは現在大学生ですが、高校からロンドンに留学・1人で暮らしているとのこと。

黄皓さんは基本的に日本住まいなので、家族としてなかなか会えないのもシスコンに拍車をかけているのかもしれませんね。

そして2020年、黄皓さんのインスタにて妹のミキさんに人生初めての彼氏ができたことを報告しています。

しかもその彼氏というのが、兄よりもイケメン・高身長かつお金持ちという話だから驚きです。

ミキさんほどのルックスなら、ハイスペックな彼氏ができても何らおかしくはありません。

ですが4代目バチェラーの黄皓さんよりも上の男なんて、なかなかいないと思うのですが・・・。

ただミキさんは顔やスタイルがいいだけでなく頭脳も明晰で、ロンドンでもトップ3に入る名門大学に通っているとのこと。

なので名門に相応しい由緒正しき家柄の子供たちが、大勢集まっているのかもしれませんね。

また黄皓さんはそのインスタ投稿にて、「負けを認めた」「井の中の蛙だった」などのコメント。

なのでミキさんの付き合っている男性は、認めざるを得ないほどの相手なのでしょうね。

軽い嫉妬や複雑な気持ちはあるにせよ、かわいい妹が素敵な恋愛をしていることは、兄として嬉しいことではあるでしょうね。

バチェラー4 黄皓(コウコウ)の家族に関するまとめ

以上、このページではバチェラー4出演している黄皓(コウコウ)さんの家族などについて取り上げてきました。

分かりやすいよう、最後に内容のまとめを箇条書きで紹介します。

・家族構成は、父親・母親・黄皓・妹の4人家族

・出身地は中国湖南省長沙市

・子供時代は家庭が貧しく、両親は日本に出稼ぎに行ってバラバラに暮らしていた

・黄皓も小さい頃から中国と日本を行き来きするような生活をおくっていた

・父親の名前は黄天霽で、「上海TCL」という貿易会社を設立

・母親の名前は冷冰で、日本でバリバリ働くキャリアウーマンだったとか

・妹の名前はミキで14歳年の差のある兄妹、モデル並みの美女で現在はロンドンで暮らしている

・両親は大学時代にお互いが一目惚れ、40年以上も夫婦円満で現在に至る

・黄皓と両親が生活を共にしていたのは実質的に数年間のみ

・両親からは全身全霊の愛情を注いでもらったと本人談

・妹はかわいい上に人たらしで、好きなものを何でも買ってあげている様子

・とはいえ兄として妹をシッカリと叱る時もある

・妹にハイスペックな彼氏ができ、軽い嫉妬をしている

というような感じで、改めて黄皓さんの家族構成は父・母・妹を含めた4人家族。

調べれば調べるほど、素敵な家族であることが分かりますし、現在の黄皓さんの形成に深く関わっています。

今回のバチェラー4で最高のパートナーを見つけ、自分自身の家族をつくることはできるのか注目していきましょう。