PROGRAMプログラム詳細

コアプログラム

「紙のサーカス」

2101
2106
2102
508

大規模な製紙工場が立ち並ぶ「紙のまち四国中央市」で作られる、いろんな種類の紙を使った、観客参加型のパフォーマンス「紙のサーカス」を、8月にオープンしたばかりのピカピカの「しこちゅ~ホール」で開催します。

作・演出・美術・衣装の全てをコスチュームアーティスト・ひびのこづえが手がけ、サーカス学校出身のホワイトアスパラガスと新体操出身の引間文佳が、海をイメージした不思議な衣装を着て、美しい川瀬浩介の音楽と共にパフォーマンスを繰り広げます。

公演には、地元妻鳥小学校ダンスクラブの児童が「こどもダンサー」として出演し、三島高校の生徒が公演サポーターとして参加します。

巨大なティッシュペーパーが上空から降ってきたり、トイレットペーパーが客席をリレーしたり、観る人も一緒になって紙とたわむれ、幻想的な「紙のサーカス」の世界を表現します。あっと驚くパフォーマンス、ぜひ、参加してください!!

 

※「紙のサーカス」の追加申込みにつきましては、おかげさまで全公演満席となりました。

 

<「紙のサーカス」空席待ち整理券の配布について>

公演当日、キャンセル等により空席が出た場合に限り、事前申込みを行っていないお客様でも観覧いただくことができます。

詳しくはこちら

 

★「紙のサーカス」特設ページはこちら!(下記のバナーをクリックして下さい)

ARTIST PROFILE

  • 343

    ひびのこづえ

    静岡県生まれ。コスチューム・アーティストとして広告、演劇、ダンス、バレエ、映画、テレビなどその発表の場は、多岐にわたる。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のセット衣装を担当中。

  • 402

    ホワイトアスパラガス 谷口界

    1987年京都生まれ。沢入国際サーカス学校出身。小池博史『風の又三郎』森山開次『サーカス』等に出演。演出家ジョアン・スワルトヴァゲールの作品に参加。“ホワイトアスパラガス”の演出も手掛ける。

  • 402

    ホワイトアスパラガス ハチロウ

    1991年大阪生まれ。12歳の頃にジャグリングに出会う。日本のサーカス学校や舞台芸術学校で培った技術を使い独特のリズムで、ジャグリング、ダンス、演劇等、ジャンルを越えて国内外で活動。

  • 345

    川瀬浩介

    1970年京都生まれ。02年美術家としてデビュー。10年文化庁メディア芸術祭に《ベアリング・グロッケンII》を出展。3~14年森山開次、ひびのこづえらと国内外ツアー。15年森山開次《サーカス》の音楽を担当。

  • 344

    引間文佳

    パフォーマー。09年に新体操日本代表に選出。第25回ユニバーシアード大会にて準優勝。日本を始め、世界各国の大会にて成績を収める。15年、森山開次演出『サーカス』に出演。その後、国内外で活動する様々な演出・振付家の作品に参加。

INFORMATION

日時
11月22日(金)18:30~
11月23日(土・祝)14:30~、18:30~
(公演時間:約90分)
場所
しこちゅ~ホール 大ホール(四国中央市妻鳥町1830-1)MAP
アクセス方法
車でお越しの方
 三島川之江インターチェンジ下車、400m約1分
JRをご利用の方
 せとうちバスでJR伊予三島駅からしこちゅ~ホール北バス停まで約13分、下車後、徒歩約5分
駐車場
有り(357台)
参加料
無料
参加予約
必要。全公演満席。
定員
全公演満席
お問い合わせ
東予東部圏域振興イベント実行委員会事務局(愛媛県東予地方局商工観光室内)
TEL:0897-56-1300(代表)(内線474)