PROGRAMプログラム詳細

コアプログラム

第5話 あかがね物語
-天空の音楽祭-

340

標高750mの山中にあり、最盛期には約5,000人の人が暮らした別子銅山の鉱山町・東平(とうなる)。今では、”東洋のマチュピチュ”と呼ばれ、人気の観光スポットです。その特別感のある空間で、音楽コンサートが開催されます。新居浜出身の歌手・石丸幹二が出演し、ニューヨークでも活躍するギタリスト吉田次郎も参加。更に、日本のジャズ界を代表するクリヤ・マコト、納浩一、つづらのあつしもバンドに加わります。
別子銅山の歴史を学び体験するガイドツアーも実施します!

◆開催日時 2019年10月5日(土) 公演  14:00~15:30(予定)

イベント詳細は
INFORMATION

をご覧ください。

 

 

ARTIST PROFILE

【Vocal】石丸 幹二新居浜市出身。東京音楽大学でサックス、東京藝術大学で声楽を学ぶ。1990 年、ミュージカル『オペラ座の怪人』(劇団四季)のラウル子爵役でデビュー、劇団の看板俳優として、『美女と野獣』、『ウエストサイド物語』等に出演する。2009年に退団後もミュージカル界をけん引する俳優として『ラブ・ネバー・ダイ』『ジキル&ハイド』『パレード』などに主演する。音楽活動は、ソロアルバム「My Favorite Songs」「My Musical Life」等のほか、リュート奏者つのだたかしとの「武満徹のうた」をリリース。映画「サウンド・オブ・ミュージック」製作50 周年記念盤ではトラップ大佐役を吹替えた。多彩にコンサートを展開する一方で、テレビでは、テレビ朝日「題名のない音楽会」の司会を初め、NHK「うたコン」、フジテレビ「ミュージック・フェア」など、大人が楽しめる音楽番組に多数出演。クラシック音楽とは「朗読」で関わることが多く、ストラヴィンスキー「兵士の物語」では、サイトウ・キネン・フェスティバル(Vn郷古廉)、宮崎国際音楽祭(Vn徳永二男)、ル・ポン国際音楽祭(Vn樫本大進)等に出演するほか、ストラヴィンスキー指揮盤「兵士の物語」に新たに日本語朗読を収録。東京フィルハーモニー交響楽団のグリーグ/劇付随音楽「ペール・ギュント」(指揮・ミハイル・プレトニョフ)で全編をひとりで朗読するなど、声の表現の多様性を探っている。

ARTIST PROFILE

INFORMATION

日時
10月5日(土)
公演 14:00~15:30(予定)
場所
新居浜市 別子銅山 東平(とうなる)
(雨天等、野外実施不可の場合は「あかがねミュージアム」に会場変更)
アクセス方法
会場へのアクセスは次の通りとなります。
【前売券の方】「JR新居浜駅」または「山根公園河川敷駐車場」からシャトルバスで送迎
【当日券の方】「マイントピア別子」からシャトルバスで送迎
(前売券・当日券ともに、当日は自家用車等で直接会場へ行くことはできません。)
駐車場
【前売券の方】山根公園河川敷駐車場(無料)
【当日券の方】マイントピア別子 北駐車場(無料)
参加料
前売券(指定席)8,000円(税込)※ 完売
当日券(立見席)6,000円(税込)
マイントピア別子から会場までの往復シャトルバスを含みます。
※ 当日券には別子銅山ガイドツアーは付いておりません。
参加予約
前売券(指定席)※ 完売
当日券(立見席)
2019年10月5日(土)9:00~
定員
前売券(指定席)230名 ※ 完売
当日券(立見席)100名
予約方法
当日券(立見席)
2019年10月5日(土)9:00~(予定)
マイントピア別子にて販売(現金のみ)
販売の有無については、販売日時と同時刻にHP等にてお知らせいたします。
お問い合わせ
チケット問合窓口:デューク(松山) 089-947-3535