芸能人

ado(歌い手)が嫌いな人の主な理由は?炎上・トラブルやアンチ活動の過去も!

2020年10月にメジャーデビューした現役女子高生で歌い手のadoさんが、現在ものすごい勢いで人気を博しています。

中でも「うっせえわ」は非常に中毒性のある曲で、この記事を書いている2月時点では5400万回もの再生を誇ります。

ただ「好き」という声が多くなればなるほど、「嫌い」という声も出てくるのはしょうがないことでしょうか。

このページでは、そんな歌手のadoさんことを嫌いという人の意見をまとめてみました。


ado(歌い手)のことを嫌いな人の主な理由

調べてみると、ado(歌い手)さんのアンチ・嫌いという人の主な理由は3つに分かれるようです。

以下で確認していきます。

うっせえわの歌詞が嫌い・共感性羞恥を感じる

adoさんが嫌いという人の理由として、代表曲である「うっせえわ」の歌詞が受け付けないという理由が一番多かったです。

そもそも歌詞タイトルの「うっせえわ」という拒否の言葉を、サビで連呼していますからね。

他にも

・凡庸なあなたじゃ分からない
・頭の出来が違うので問題はナシ
・くせぇ口塞げ
・その顔面にバツ

などのように、「うっせえわ」では攻撃的なフレーズが数多く使われています。

このような尖ったフレーズに対して、拒否反応を示したり、不快に感じるという方は少なくないようですね。

その他にも、

・うっせえと言ってるお前がうるさい
・反抗期や思春期にありがちな厨二病がキツい
・陰キャがいきり散らしている

などのような感想を持っている人が目立っていました。

あとは「共感性羞恥」を感じるから、嫌いという声も多いですね。

この共感性羞恥というのは、他人事なのに自分のように感じてしまうことです。

「うっせえわ」を自分が歌っているわけでも、ましてや作ったわけでもないのに、この歌を聴くと「痛い」「恥ずかしい」という気持ちになるかなり多いようですね。

ただ誤解されがちだと思うのですが、この「うっせえわ」は歌手のadoさんが作った曲ではないということ。

作詞作曲をしたのはsyudouさんという方であり、adoさんは提供を受けて歌っているということは重要な部分だと思います。

なので「うっせえわ=adoの言葉・考え」とは必ずしもならないことを、ここで付け足しておきます。

adoのツイッターでの投稿内容が嫌い

adoさんアンチの中には、ツイートの内容が嫌いという人も結構な数いるようですね。

実際にadoさんのツイートを覗いてみると、少し個性的な内容のつぶやきを投稿されている印象は受けました。

そんなadoさんのツイートに対し、

・腐女子
・典型的な女オタク
・陰キャ感満載
・メンタル弱すぎて好きじゃない

などのような、かなり辛辣な意見を述べている人もいましたね。

ツイッターなどのSNSは些細なことで炎上したり、上げ足を取られてアンチに叩かれたりするので、なかなか難しい所ですよね。

ただツイッターは自分の意見や言葉を自由に表現していい場所だと思うので、「嫌いなら見なければいいのに」とは思いました。

adoの声が嫌い

これは上2つよりは少なかったのですが、歌い手のadoさんが嫌いな理由として「声が嫌い」という人もいるようです。

adoさんは低いがなり声を出したり、力強くシャウトするなどの歌い方をするので、それが苦手ということでしょうか。

声や歌い方こそがadoさんの大きな魅力だと思うのですが、好き嫌いが分かれるのも致し方ないのかもしれません。

ado(歌い手)がまふまふへのリプをし炎上・トラブルに!

adoさんは2020年12月に、他の歌い手さん絡みで炎上・トラブルに発展したことがあります。

これは「まふまふ」という人気歌い手が、「うっせえわ」をカバーしたことがきっかけです。

このまふまふさんという方は、ネット上での活動期間も長く、ユーチューブチャンネルは270万人以上の超大物の歌い手さん。

adoさん自身も昔からまふまふさんのファンだったようで、カバーしてもらったことに感謝のリプをしました。

ただまふまふさんには「ガチ恋勢」といわれている、熱狂的なファンがたくさんいるようですね。

まふまふさんへのリプライを見た嫉妬したファンたちから、adoさんは叩かれてしまったのです。

また上でも書きましたが、「うっせえわ」はsyudouさんという方が作った曲です。

にも関わらず「オリジナル曲」と表現したことも、より強く炎上する理由になったのでしょう。

この一連のトラブルは、adoさんがツイッター上ですぐさま謝罪。

幸いにもそこまで大きな炎上にはならなかったのですが、これによってよりアンチが増えてしまったことも事実でしょう。

adoがカレンドール(歌い手)にアンチ活動をしていた過去が発覚!

有名人のゴシップを扱う「コレコレ」という大物YouTuberに、adoさんが行っていた過去のアンチ活動が暴露されました。

これは5~6年前のことだそうで、adoさんが「カレンドール」という同世代の歌い手に

この事実が発覚したいきさつとしては、

adoさんの歌声に惚れたカレンドールさんが、ツイッターでフォローしようと思ったらなぜかブロックされていることに気づく。

面識がないのにブロックされている理由を知りたいため、カレンドールさんが他のアカウントを使いadoさんにDMで質問をする。

adoさんがカレンドールさんに、過去アンチ活動していたことをDMで自白・謝罪する。

このようなやりとりがあったのです。

アンチ活動の理由としては、カレンドールさんの才能に嫉妬したのだとか。

当時まだ13歳の中学生だったカレンドールさんは、これによって自殺を考えるまでに悩んでいたとか。

謝罪を受けていますしお互い小さかった頃の話なので、カレンドールさん自身はもう気にしてないようですね。

ただ当時の事情を知る付き添いのお友達が、アンチ活動によって1人の女の子を追い込んでいた過去があるのに、自分はメジャーデビューして人気者になっているのが許せないとのことでした。

またその放送内でコレコレさんは、「adoさんは昔掲示板でいろんな歌い手のアンチ書き込みをしていた」ということをいっていたのも印象的でした。